WordPress目次の作り方!目次作成プラグインTable of Contents Plusの使い方!

※動画はパスワードで保護されています。



今回は、
記事の見出し(h3,h4タグなど)から
目次を自動作成してくれるWordPress
プラグイン「Table of Contents Plus」
を紹介します。

プラグインを使わない目次の作り方は
以下の記事を参考にしてください。
WordPress目次の作り方!htmlでページ内リンクを作成する方法

 

目次があることにより、
記事内のどこに何が書かれているのか
を把握しやすくなり、ユーザビリティが
高まります。

ユーザビリティが高まるということは、
検索エンジン(Google、Yhaooなど)からの
評価も高まリ、SEO効果も高くなります。
 

おすすめのプラグインですので、
この記事を参考に設定してみてください。

Table of Contents Plusのインストール&有効化

ダッシュボードの「プラグイン」
→「新規追加」をクリック。
WordPress 目次の作り方 目次作成 プラグインTable of Contents Plus プラグイン 新規追加
 

「Table of Contents Plus」を検索して、
【いますぐインストール】をクリック。
WordPress 目次の作り方 目次作成 プラグイン Table of Contents Plus プラグインのアップロード いますぐインストール
 

【プラグインを有効化】をクリック。
WordPress 目次の作り方 目次作成 プラグイン Table of Contents Plus プラグインを有効化
 

次は
「Table of Contents Plus」の設定です。

Table of Contents Plusの設定方法

【Setting(設定)】をクリック。
WordPress 目次の作り方 目次作成 プラグイン Table of Contents Plus 設定 settings
 

設定ページ(タブ)が以下の3つありますが、
「基本設定」タブの項目のみ設定して、

あとの2つは
デフォルト設定のままで問題ありません。

基本設定
・サイトマップ ※デフォルトのまま
・ヘルプ ※デフォルトのまま

では、
「基本設定」タブの設定
に関して説明します。

Table of Contents Plusの設定方法:基本設定

まず、
「基本設定」の
以下の部分の説明をします。
Table of Contents Plus 基本設定
 
表示する場所
目次の表示場所を設定します。
以下の4つから選択します。

最初の見出しの前(デフォルト) 第一見出しの上側
最初の見出しの後(デフォルト) 第一見出しの下側
トップ 記事の最上部(記事タイトルの直下)
ボトム 記事の最下部

表示条件
いくつ以上見出しがある時に
目次を設置させるのかを設定します。

2~10まで選択できますが、
2つ以上見出しがある時に
目次を設置させるよう「2」を選択します。

次の投稿タイプのときに表示
目次を設置する記事の種類を設定します。

post 通常の記事
page 固定ページ
wpcf7_contact_form コンタクトフォーム

見出しテキスト
目次のタイトルを設定します。

目次の上に見出しを表示 チェックを入れると目次のタイトルを表示。下の空欄に表示させる文字を入力。ex.「目次」
表示非表示切り替えボタンのテキスト チェックを入れると目次の開閉が可能になります。
表示テキスト 開くボタンの表示文字。ex.「開く」
非表示テキスト 閉じるボタンの表示文字。ex.「閉じる」
初期状態非表示 チェックを外すと目次が開いた状態で表示されます。

階層表示
目次の階層を表示させるか設定します。

番号振り
目次に番号を付けるか設定します。

スムーススクロール
目次をクリックした時に、
滑らかにスクロールさせるか、
一気に飛ぶか設定します。

Table of Contents Plusの設定方法:基本設定 – デザイン

「デザイン」の設定は
すべてデフォルト設定で問題ありません。
Table of Contents Plus 基本設定 デザイン
 
横幅
目次の横幅を設定します。

回り込み
目次の設置位置を設定します。(左右)

文字サイズ
目次のフォントサイズを設定します。

デザイン
目次のデザインを設定します。

Table of Contents Plusの設定方法:基本設定 – 上級者向け

次に「上級者向け」の
【表示】をクリックします。
Table of Contents Plus 基本設定 上級者向け
 
たくさん設定項目が表示されますが、
デフォルト設定のままで問題ありません。
 

以上で設定は終わりですので、
【更新】をクリックします。
Table of Contents Plus 基本設定 更新
 

これでWordPressプラグイン
「Table of Contents Plus」が、
すべての記事に目次を自動作成してくれます。

ユーザビリティ向上とSEO効果があります。
 

目次を自動作成プラグイン
「Table of Contents Plus」
はぜひ設定しておきましょう!

補足:目次の場所変更と非表示設定方法

記事ごとに
目次を表示させる場所を変えたい時
指定方法を紹介します。
 

目次を表示させたい場所に
以下の記述をするだけです。

この記述をすると、
[toc]を入力した位置に
目次が表示されるようになります。
 

また、
目次を表示させたくない時
簡単に指定できます。

本文中に以下を入力すれば
目次は非表示になります。

※[no_toc]の入力位置は
 どこでもかまいません。
 

目次を表示させる記事と
目次を表示させない記事両方に対応可能です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA