ブログ記事の文字数は何文字が適切?SEO対策と読みやすい最適値は?

※動画はパスワードで保護されています。



まず、結論から。

ブログ記事の文字数は
1500文字~3000文字にしてください。

 

理由は以下。

・読者を満足させる。
・全文読んでもらう。

 

それぞれ説明します。

読者を満足させるための文字数

Googleは
読者を満足させている記事を
検索結果上位に表示させています。
 

読者を満足させるためには
ある程度のボリュームが必要です。

読者を満足させることだけを考えると、
読者の知りたい情報が豊富に書かれている
必要があります。
 

そのためには、文字数にすると
少なくとも1500文字は必要になる
ということです。

できるだけ多い文字数の方が
Googleの評価が高くなる傾向があります。

最低限1500文字は書いてください。

次は文字数の上限に関して説明します。

全文読んでもらうための文字数

Googleからの評価を高くするためには
読者が知りたい情報が豊富にあると共に
読者に全文読んでもらうことも必要です。

長過ぎると最後まで読まれません。
 

文字数が多く・文章が長過ぎると
途中で読むのをやめてしまう読者が多くなります。

もちろん、長さが感じられないくらい
面白く読みやすい文章だったり、整理
されていて読みやすい文章であればOKです。
 

そして、
広告のクリック率が高くなるのは
記事下に配置している広告
です。

当然この広告を読者の目に触れるためには
最後まで読んでもらう必要があります。
 

そのために、
長過ぎない文字数として
3000文字をおすすめしています。

全文読んでもらうための工夫

「面白く読みやすい文章であればOK」
と書きましたが、

トレンドアフィリエイトでは
面白い文章を書く必要はありません。

それよりも、
読者が知りたい情報を伝える
という機能的な面が重要です。

面白い、楽しいなどの
感情的な面は重要ではありません。
 

面白い文章にする必要はありませんが、
読みやすい文章にすることは意識してください。
 

そして、読みやすさは
ちょっと工夫するだけで変わります。
 

例えば、次の文を見てください。

次に、情報が豊富にあることと共に読者に全文読んでもらうことも必要です。最後まで読まれることによってGoogleからの評価も高くなります。長過ぎると最後まで読まれません。文字数が多く・文章が長過ぎると途中で読むのをやめてしまう読者が多くなります。もちろん、長さが感じられないくらい面白く読みやすい文章であればOKです。そして、広告のクリック率が高くなるのは記事下に配置している広告です。当然この広告を読者の目に触れるためには最後まで読んでもらう必要があります。そのために、長過ぎない文字数として3000文字をおすすめしています。

 
先程読んでもらった
「全文読んでもらうための文字数」
に関する文章です。

改行がなくズラーッと
文章が続いています。

人によっては見ただけで
「読むのをやめよう」と判断します。
 

改行を使用するだけでも
見やすさは大きく変わります。
 

例は示しませんが、その他には
文を短く切ることも有効です。

一文の中に何個も「、」を多用すると
頭を使って文章を読む必要が出てきます。

頭を使う文章だとわかった瞬間、
多くの人は面倒になって読むことをやめます。

できるだけ簡潔な表現にし、
短く文章を切るようにしましょう。

ビッグキーワードは文字数を増やす

ビッグキーワードで
アクセスを集めたい場合は
できるだけ情報量を増やします。
 

ビッグキーワードの情報は
多くのサイトが書いており、
同じような情報ばかりになりがちです。

しかし、
同じような情報があるということは
情報量が多くても読みやすくなります。

すでに知っている情報は
頭をつかう必要がそれほどなく

スラスラ読むことができるからです。
 

Googleの評価を上げるためには
文字数をできるだけ多くする。

しかし、全文読まれなければ
Googleからの評価が下がるし、
記事下の広告が見られなくなります。

そのため、
3000文字と上限を決めています。
 

しかし、
ビッグキーワードの場合は
情報提供元は豊富にあります。

情報提供元が豊富にあるということは
読者も多くの情報に触れています。

そのため、いくら文章が長くても
知っている情報は読みやすく感じます。

同じような情報の中でも
少し違う情報を書くことにより
読者の満足度を上げることが可能です。

ビッグキーワードで
アクセスを集めたい場合は
できるだけ情報量を多くしましょう。
 

以上、
文字数に関して説明していきましたが、
少し長くなってしまったのでまとめます。

ブログ記事の適切な文字数とは?

SEOの観点から言うと
できるだけ情報量は多いほうが良い、
つまり、文字数は多ければ多いほど良い。
(最低1500文字)

しかし、最後まで読まれなければ
Googleからの評価が下がり、かつ、
記事下の広告が読者の目に止まらない。

最後まで読んでもらうために、
上限の文字数を3000文字とする。

しかし、
文章の読みやすさで変わる。

文章の読みやすさは、
文章の構成や言い回しはもちろん、

読者がその情報に関して
どこまで知っているかによっても変わる。

例えば、
ビッグキーワードの場合は
文章が長くなっても読者が見慣れているため
読みにくさを感じない。

したがって、
ビッグキーワードの場合は
できるだけ情報量を多くする。

 

当たり前のこと過ぎて
聞き飽きたかもしれませんが、

結局は、
読者が満足する記事を書く
ということに全ては繋がります。

 

アクセスを集めるためには
できるだけ多くの文字数を書きましょう。

アクセスが集まれば結果的に
収益も増えていきます。

ですので、全文読まれることよりも
まずは多くの情報を盛り込むことを
意識すべきです。
 

実際に私が
1記事だけで12万PV/日集めた記事は、
6000文字近く書いていました。

アクセス数を集めるには
できるだけ多くの文字数を書く

つまり、
内容の充実した記事を作成する
ということが大切です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA