Google XML Sitemaps(WordPressプラグイン)サイトマップの使い方と設定方法

Google XML Sitemapsは、
サイトマップを作成して
Googleに送信してくれる

WordPressプラグインです。

サイトマップとはその名の通り
「サイトの地図」のようなもので、
サイト内部の構造がまとまっている
データです。

サイト構造をGoogleに送信することにより、
インデックススピードが速くなります。

つまり、
検索結果にすばやく表示させる
ことができるというわけです。
 

Google XML Sitemapsの設定には
Google Search Consoleを使用します。

まだ
Google Search Consoleの登録が
済んでいない場合は、先に下のリンク先を
参考にGoogle Search Consoleの登録を
完了させてください。

(関連記事:Google Search Consoleの登録方法・設定方法・使い方を解説!

※Googleウェブマスターツールは
 2015年5月にGoogle Search Console
 に名称変更されました。

Google XML Sitemapsの使い方と設定方法

まず、
Google XML Sitemapsを
インストールします。

ダッシュボードの「プラグイン」
→「新規追加」から
Google XML Sitemapsを検索し、
インストール&有効化します。
Google XML Sitemaps WordPress プラグイン サイトマップ 使い方 設定 今すぐインストール
 

Google XML Sitemapsを有効化したら、
次にGoogle Search Consoleを開きます。

以下のURLにアクセスし、
Google Search Consoleにログインします。
https://www.google.com/webmasters/
Google XML Sitemaps WordPress プラグイン サイトマップ 使い方 設定 ウェブマスターツールにログイン Google Search Console
 

「クロール」→「サイトマップ」
をクリック。
Google XML Sitemaps WordPress プラグイン サイトマップ 使い方 設定 ウェブマスターツール クロール Google Search Console
 

【サイトマップの追加/テスト】をクリック。
Google XML Sitemaps WordPress プラグイン サイトマップ 使い方 設定 ウェブマスターツールGoogle Search Console サイトマップの追加テスト
 

「sitemap.xml」と入力し、
【サイトマップを送信】をクリック。
Google XML Sitemaps WordPress プラグイン サイトマップ 使い方 設定 ウェブマスターツールGoogle Search Console サイトマップを送信

以下のように
サイトマップの送信直後は
「保留」となっていると思いますが、

しばらく時間が経つと
「保留」という文字は消え、
記事数が表示されます。
Google XML Sitemaps WordPress プラグイン サイトマップ 使い方 設定 ウェブマスターツールGoogle Search Console 送信 保留

以上で
WordPressプラグイン
Google XML Sitemaps
の設定は完了です。
 

これでサイトの構造は
常にGoogleに自動送信され、
インデックススピードが促進されます。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA