Google Search Consoleの登録方法・設定方法・使い方を解説

※動画のパスワードはコンサル生のみにお伝えしています。


Google Search Consoleとは
(旧ウェブマスターツールとは)
Googleが無料で提供しているサイトの管理ツールです。

※ウェブマスターツールは2015年5月に
 Search Consoleに名称変更されました。

Googleは次のように公表しており、
検索順位を上げるためには必須のツールだと言えます。

Search Console に登録しなくても
Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、
Search Console に登録することで、
Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

Search Console ヘルプ
(https://support.google.com/webmasters/answer/4559176?hl=ja)

 

Search Consoleのメリットはこちら。

  • インデックス(検索結果への表示)高速化
  • サイトマップの送信(SEO対策)
  • クエリ・検索結果順位の確認(分析機能)
  • 検索結果に表示・非表示の設定
  • 被リンクの把握

 
などがあります。
 

↓次の動画は、Googleが作成したSearch Consoleの説明動画です。

 

Googleと仲良くなり、
多くのユーザーに訪問してもらえるよう
Search Consoleを活用していきましょう。
 

それでは、Google Search Consoleの
登録方法・設定方法・使い方を紹介します。

Google Search Consoleの登録方法・設定方法

以下のURLを開き、
「SEARCH CONSOLE」をクリックします。
Google Search Console
(https://www.google.com/webmasters/)

Search Console
 

「今すぐ開始」をクリックします。
Search-Consoleの今すぐ開始
 

「ログイン」でメールアドレスまたは電話番号を入力し、
「次へ」をクリックします。
Search Consoleのメールアドレスと電話番号の入力
 

パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
Search Consoleのパスワードの入力
 

「サイトURL」(自サイトの独自ドメイン)を入力し、
「プロパティを追加」をクリックします。
Search ConsoleのURL入力
 
1サイト毎に1つのSearch Consoleを
設定するようにしてください。

同じアカウント内のサイトがペナルティを受けた際に、
他のサイトもペナルティを受ける可能性があります。

 

「確認状態をチェックしています」と表示されますので、
しばらく待ちます。
Search Consoleの確認状態をチェックしています
 

「その他の確認方法」→「HTMLタグ」をクリックし、
表示されたメタタグをコピーします。
Search Consoleの所有権の確認

※所有権の確認方法はいくつかありますが、
 WordPressでは「HTMLタグ」を使った方法が
 簡単に設定できるのでおすすめしています。
 

WordPressのダッシュボード「外観」
→「テーマの編集」をクリックします。
WordPressのテーマの編集
 

「テーマヘッダー(header.php)」をクリックします。
WordPressのテーマのヘッダー
 

「テーマヘッダー(header.php)」内の
<head>の直後に、コピーしたメタタグを貼り付けます。
WordPressのタグの貼り付け03
 

メタタグを貼り付けたら
「ファイルを更新」をクリックします。
WordPressのファイルを更新
 

Google Search Consoleに戻り、「確認」をクリックします。
Search Consoleの確認
 

以下の画面が表示されれば、
Search Consoleへの登録は完了です。
Search Consoleの完了
 
 

次に1つだけ設定を行います。

「プロパティへ移動」をクリックします。
Search Consoleのプロパティに移動
 

「検索トラフィック」
→「インターナショナルターゲティング」をクリックします。
Search Consoleのインターナショナルターゲティング
 

「国」タブをクリックし、
「ターゲットユーザーの地域」が
「日本」以外の場合は「日本」に変更します。
Search Consoleの国
 
※もし海外からのアクセスも多そうな場合は
 「指定なし」を選択してください。
 

以上で、Search Consoleの登録・設定方法は完了です。
 

次にSearch Consoleの使い方を紹介します。

Google Search Consoleの使い方:「URL検査」で強制インデックス

サイトを開設したばかりの時期は、
記事を投稿してもインデックスされるまでに
時間がかかってしまいます。

そんな時にSearch Consoleが活躍します。
 

Search Consoleの「URL検査」を使うと、
書いたばかりの記事を早期に
インデックスさせることが可能です。

以前は「Fetch as Google」という名前でしたが、
新しいSearch Consoleでは「URL検査」に変わりました。

以下に使い方を紹介します。
 

Search Consoleの「URL検査」をクリックします。
Search ConsoleのURLの検査
 

ページ上部にある検索バーに
インデックスさせたいURLを入力し、
Enterキーを押します。
※ドメイン名も含めた完全なURLを入力してください。
Search-ConsoleのURLの入力
 

「Googleインデックスからデータを取得しています」
と表示されるので、しばらく待ちます。
Search-Consoleのインデックスからデータを取得しています
 

URLがインデックスされていない場合、
「URLがGoogleに登録されていません」と表示されるので、
「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。
Search-Consoleのインデックス登録をリクエスト
 

「公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする」
と表示されるので、しばらく待ちます。
Search-Consoleの公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする
 

「インデックス登録をリクエスト済み」
が表示されれば完了です。

「OK」をクリックして画面を閉じます。
Search-Consoleのインデックス登録をリクエスト済み
 

操作直後にインデックスされる訳ではないですが、
数分後にはインデックスされます。
 
 

インデックスされたかどうかを確認する時は、
サイトのURLの前に「site:」を入力して、
Google検索窓に打ち込むと確認できます。
Google Search Console(ウェブマスターツール) 登録方法 設定方法 使い方 インデックスの確認

インデックスされている場合は検索結果に表示され、
まだインデックスされていない場合は、
「一致する情報は見つかりませんでした。」と表示されます。

↓インデックスされていないURLの時の検索結果
インデックスされていないURLを確認した時
 

記事を投稿したら、毎回すぐに「URL検査」で
インデックスさせることをおすすめします。

以上、
Google Search Consoleの登録方法・設定方法・使い方
を紹介しました。
 

SEO対策として効果的ですので、
必ず使うようにしましょう。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




2件のコメントがあります

  1. あんちゃん♥ より:

    所有権の確認ができません…というGoogleSearchConsoleの
    メッセージから、所有権の確認をするという「○○分前」の
    時間がどんどん過ぎていき、自分のサイトもどうなってしまうのかと、頭を抱えていながら、貴方様のブログに辿り着きました。
    そしたら、タグを「headの下に貼り付け」と書いてありその通りに実施し「確認」を押したら「所有権が確認されました!!」と
    なりました。(涙涙涙)他のブログでは「headの直前」とか
    「headの上」とか書いてあったので、ダメだったんです。
    (間違いではないのでしょうが、小生はダメでした)
    初心者は本当にこういったブログの内容を基に心臓バクバクの中、作業を進めていきますので、ありがたいです。
    本当に感謝です。ありがとうございました。

  2. 富山一史 より:

    あんちゃん♥さん、コメントありがとうございますm(_ _)m

    記事がお役に立てたようで良かったです!

    AFFIKATSUガイドブックにはブログ運営のイロハがまとめてありますので、ぜひ活用されてください(^^)

コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA