Googleサジェストキーワードの仕組みとは?対策と取得サービスも

※動画はパスワードで保護されています。



Googleの検索窓にキーワードを入れると、
自動的に後に続くキーワードが表示されます。

これはGoogleサジェストキーワード
と呼ばれており、

Googleが検索者に対して
提案(推薦)しているキーワード
です。

つまり、Googleが
「このキーワードで検索しようとしていませんか?」
と提案してくれます。
 

この機能のおかげで、
検索者はすべてのキーワードを入力する
必要がなくなり、検索が効率化されます。
 

例え、
自分が入力しようとしていた
キーワードとサジェストキーワードが
少しぐらい違っていたとしても、

近いキーワードがあれば
自分でキーワードを入力するよりも
サジェストキーワードを選択します。
 

このことは、
サイトにアクセスを集めたい
サイト運営者にとっては絶対に
見逃してはいけない機能です。
 

サジェストキーワードを含んだタイトルや
記事本文を作成するとアクセスが集まる
可能性が高まります。

ただし、どのような仕組みで
Googleサジェストキーワードが
表示されているのか知っておくことは大切です。
 

そこで今回は、
Googleサジェストキーワードの仕組みと、
Googleサジェストキーワード取得サービス
と対策方法を紹介します。

Googleサジェストキーワードの仕組みとは?

Googleサジェストキーワードの
仕組みの詳細はGoogleのみ知っている内容になります。

ですので今回紹介する内容は、
実践とその結果からの個人的な考えで、

真実かどうかは不明ですので参考程度に
読んで頂ければと思います。
 

結論から言うと、
Googleサジェストキーワードは以下の特徴があります。
(ダブっている項目もありますが)

Googleサジェストキーワードの特徴

・必ずしも検索ボリュームが多いわけではない。
・瞬間的に検索されているキーワード。
・各自の端末によって異なる。(パソコン、スマホ、タブレットなど)
・検索者のいる 場所・地域によって異なる。
・様々な要素で決まる。(元も子もないですが。。。)

 
 
上記の特徴の裏付けとなるような
実験をされた方がいますので紹介します。

以下はmoz(SEOmoz)という
SEOのスペシャリスト集団が作成したYouTube動画です。

Googleサジェストキーワードに
関してわかりやすく説明してくれています。

 

この話の中に、
非常に興味深いエピソードがあります。

アメリカの多くの場所で「SEO」と検索すると、
サジェストキーワードの一番上にSEOmozと表示されるそうです。

しかし、シアトルでは異なり、
「SEOUL」と表示されるようです。

これは、
シアトルとソウル間を直行便が
飛んでいることが理由として考えられ、
この地域の人はSEOmozよりも
SEOULと検索する人の方が多い

からと考えられます。

このことから
「検索する場所によってGoolgeサジェストキーワードは異なる」
ということがわかります。
 

次に、SEOmozで行なった実験に関して語られています。

視聴者約1000人に
「travel blog」というフレーズと、
あるブログのタイトル「Everywhereist」
を一緒に検索してもらいました。

その結果、
検索してくれた視聴者や友人が多くいた地域では、
「travel blog everywhereist」というキーワードが
Googleサジェストキーワードに表示された
とのことです。

このことからも
「位置情報が影響する」ことがわかります。

そして、
「必ずしも検索ボリュームが多いわけではない」
こともわかります。
 

これらをまとめると、
「Googleサジェストキーワードは
 各自のパソコン固有のものである」

と言っても良いことになります。

つまり、
あなたが見ているキーワードは
あなた専用のキーワードということです。

「各自のパソコン固有のものだと、
 サジェストキーワードはキーワード選定に
 使えないじゃないか?」

という疑問を持ったかもしれませんが、
検索ボリュームで判断することにより解決します。

次に、どのような対策をすれば
Googleサジェストキーワードを
有効に活用できるのかを説明します。

Googleサジェストキーワード取得サービスと対策方法

Googleサジェストキーワードを
一括取得するサービスは多数ありますが、

今回使用するサービス(ツール)は
「関連キーワード取得ツール」です。

『Googleサジェストキーワード
 一括取得サービスの使い方』


『Googleサジェストキーワードが
 各自のパソコン固有のキーワードと
 なってしまうことに対する対策方法』

を紹介します。
 

以下にアクセスします。
関連キーワード取得ツール(http://www.related-keywords.com/)

今回は例として、
メインキーワードを「妖怪ウォッチ」とします。

「妖怪ウォッチ」と入力し、
【取得開始】をクリック。
Googleサジェストキーワードの仕組みとは 対策 取得サービス 取得開始
 

Googleサジェストキーワードの
一覧が表示されます。

全キーワードリストをすべてコピーします。
(「Ctrl + A」→「Ctrl + C」)
Googleサジェストキーワードの仕組みとは 対策 取得サービス 全キーワードリスト
 

Google AdWordsの
キーワードプランナーにアクセスします。
Google AdWordsキーワードプランナー
(https://adwords.google.com/KeywordPlanner)

 
「予算の配分とキーワードの
 分析情報を取得」
→「検索ボリュームと傾向を取得」
→「オプション1:キーワードを入力」に
 先程コピーしたキーワードを貼り付けます。
→【検索ボリュームを取得】をクリック。
Googleサジェストキーワードの仕組みとは 対策 取得サービス 検索ボリュームを取得
 

以下のように
検索ボリュームが表示されます。

【月間平均検索ボリューム】
をクリックすると、
検索ボリューム順に並べることができます。
Googleサジェストキーワードの仕組みとは 対策 取得サービス 月間平均検索ボリューム
 

この方法を使えば、
「Googleサジェストキーワードが
 各自のパソコン固有のキーワードと
 なってしまう」ことに対して、
純粋な月間平均ボリュームの数値で
判断することができます。

 

長い期間検索されるキーワード
(ロングレンジキーワード)を探す時には
便利な方法ですので参考にしてみてください。
 

※参考
あなたのパソコンで検索した場合と
関連キーワード取得ツールを使った場合の
サジェストキーワードは異なる場合があります。
(シークレットモードで検索した場合でも)
 

これは上で説明したように
その地域ごとにサジェストキーワードが異なるからです。

あなたの地域と
ツールが置いてあるサーバの地域が
離れている場合は異なります。

ただし、
日本国内であればそこまで
意識する必要はありません。

検索ボリュームと競合サイトを確認して
使えるキーワードかどうか判断しましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA