Google日本語入力の設定と使い方!顔文字や辞書登録を効率化

※動画はパスワードで保護されています。



今回は「Google日本語入力」を紹介します。

Google日本語入力はGoogleが開発した
IME(Input Method Editor:入力方式エディタ)
で、これを使用することにより記事作成など
PCでの入力作業が圧倒的に効率化されます。

学習機能や予測機能が優れています。

しかも、Google日本語入力は
無料で使用することが可能です。

一度、Google日本語入力を使用したら
デフォルトで入っているMicrosoft IMEは
非常に使いにくいと感じます。

Google日本語入力を使って
文章作成を効率化しましょう。

Google日本語入力のインストール

まずは、
Google日本語入力の説明動画をご覧ください。

 

では、
Google日本語入力の
インストール方法を紹介します。

以下のURLにアクセスします。
Google日本語入力のダウンロードページ
(http://www.google.co.jp/ime/)

【Google日本語入力をダウンロードする】
をクリック。
Google日本語入力をダウンロードする
 

ダウンロードした
アプリケーションファイルを
ダブルクリックなどで起動させます。
ダウンロードしたGoogleJapnaneseInputSetupを起動
 

「次のプログラムにこのコンピューターへの
変更を許可しますか?」
というウィンドウが表示されたら
【はい】をクリック。

Google利用規約を確認し、
同意してインストールをクリック。
Google日本語入力の規約を確認してインストール
 

以下のような画面が表示されます。
Google日本語入力をインストールしています画面
 

次に、以下のような画面が表示されます。

インストール時の設定は
デフォルト状態で【OK】をクリック。
Google日本語入力のインストール時の設定
 

以上で、Google日本語入力の
インストールが完了です。

再起動すればGoogle日本語入力を
使用することが可能です。

問題なくインストールされていれば
以下のように画面右下のGoogle日本語入力
のアイコンが表示されます。
Google日本語入力のアイコン
 

もし、アイコンが表示されていない場合は、
[Windowsキー]と[Spaceキー]を同時に押してください。

※Windowsキーはこちらです。
Windowsキー

以下のように表示されますので、
Google日本語入力をクリックします。
Google日本語入力 IMEの切り替え

 

インストール後は、アプリケーションの
GoogleJapaneseInputSetup.exeは
削除して問題ありません。

再起動するとMicrosoft IMEに戻ってしまう場合

パソコンを再起動した時に、
Google日本語入力からMicrosoft IMEに戻ってしまったという場合は、
以下の設定をしてみてください。
 

[Windowsキー] + [X]を押して、コントロールパネルを選択。
コントロールパネルをクリック
 

「時計、言語、および地域」をクリック。
コントロールパネルの時計、言語、および地域
 

「言語」をクリック。
コントロールパネルの時計、言語、および地域-言語
 

「詳細設定」をクリック。
コントロールパネルの時計、言語、および地域-言語-詳細設定
 

「既定の入力方式の上書き」をGoogle日本語入力に設定
既定の入力方式の上書きをGoogle日本語入力に設定
 

「保存」をクリック。
保存をクリック
 

以上で、Google日本語入力がデフォルトに設定されます。
再起動して確認してみてください。

Google日本語入力の使い方

上で紹介した動画でも説明されていますが、
Google日本語入力の使い方を紹介します。

英語の綴りが分からなくても入力可能

英語の綴りがわからなくても、
日本語で読みを入力して
変換すれば綴りが出てきます。

ex.「ふらわー」→「flower」
Google日本語入力の英語の綴りがわからなくても入力可能機能の例
 
↓ Google日本語入力で試してみてください

顔文字の入力が簡単

顔文字を入力したい時は
「その時の感情を表す言葉」を入力するか、
「顔文字」と入力することにより
顔文字を表示させることができます。

ex.「かおもじ」
Google日本語入力の顔文字の入力が簡単機能の例
 
↓ Google日本語入力で試してみてください

計算結果を表示

数字の計算式を入力することによって
計算結果の数字に変換させることができます。

ex.「500*20=」→「10000」
Google日本語入力の計算結果を表示機能の例
 
↓ Google日本語入力で試してみてください

郵便番号を住所に変換

郵便番号を入力することにより
住所に変換することができます。

ex.「103-0028」→「東京都中央区八重洲」
Google日本語入力の郵便番号を住所に変換する機能の例
 
↓ Google日本語入力で試してみてください

年、日付、時間、曜日に変換

「ことし」「きょう」「いま」と
入力することにより
年、日付、時間、曜日に変換することができます。

Google日本語入力の年に変換する機能の例

Google日本語入力の日付か曜日に変換する機能の例

Google日本語入力の時間に変換する機能の例
 
↓ Google日本語入力で試してみてください

シークレットモードに切り替え

「こまんど」と入力することにより
シークレットモードの設定を
変更することができます。

シークレットモードはOFFの状態では、
変換したことがある文字を優先的に
表示させる学習機能です。

自分以外の人がPCを使う時や
ジャンルが違う文章を書くときなど
学習機能がジャマになる時は停止可能です。

Google日本語入力のシークレットモードを設定する機能の例
 
↓ Google日本語入力で試してみてください

サジェスト機能を一時停止

「こまんど」と入力することにより
サジェスト機能の設定をすることができます。

サジェスト機能とは
入力した文字の後に続く文字を
予測して表示する機能です。
Google日本語入力のサジェスト機能を設定する機能の例
 
↓ Google日本語入力で試してみてください

2進数,8進数,16進数に変換

10進数の数字を入力することによって
その数値を2進数、8進数、16進数に
変換することが可能です。
Google日本語入力の2進数8進数16進数に変換する機能の例

↓ Google日本語入力で試してみてください

Zを使った変換

以下のように変換することができます。

ZH:←(左矢印)
ZJ:↓(下矢印)
ZK:↑(上矢印)
ZL:→(右矢印)
Z,:‥(二点リーダ)
Z.:…(三点リーダ)
Z/:・(中点)
Z[:『(始め二重かぎ括弧)
Z]:』(終わり二重かぎ括弧)
Z-:~(波ダッシュ)

 

辞書登録を効率化

記事作成の効率を上げるには、
自分好みに変換を最適化させる
ことが重要になってきます。

メールアドレスを入力する際に
わざわざ全てのアドレスを入力
したりしてませんか?

メールアドレスなどは頻繁に
ログインなどで入力しますよね。

そのように頻繁に使う
文字は少しの言葉を入力しただけで
変換できるように設定しておきましょう。

この設定は
辞書登録(単語登録)機能で可能です。

通常、辞書登録するのは
プロパティから登録しますが、

普段、文章を書いている時に
すぐに登録できると効率的
です。

その方法を紹介します。

ショートカットキーを設定します。

PC画面右下にあるIMEマークの上で右クリック→「プロパティ」をクリック
PC画面右下にあるIMEマーク
 
Google日本語入力のプロパティを設定
 

「キー設定」の【編集】をクリック。
Google日本語入力のプロパティキー設定の編集
 

「編集」→「エントリーを追加」
をクリック。
Google日本語入力のキー設定の編集エントリーを追加
 

以下のように
ショートカットキーを追加します。
ショートカットキーの設定
 

「入力文字なし」を選択。
入力文字なしを選択
 

割り当てるキーを押します。
今回は「Ctrl + F7」を押します。
割り当てるキーを入力
 

「単語登録を起動」を選択し
【OK】をクリック。
Google日本語入力のプロパティでショートカットキーを追加してOK
 

以下のように
「キー設定の選択」が「カスタム」に
変更されていることを確認し、
【OK】をクリック。
Google日本語入力のプロパティでキー設定OK

以上で、設定が完了です。
設定が完了したらパソコンを再起動しておきましょう。
 

辞書登録した方が良いと思った時は
「Ctrl + F7」で単語登録の画面を
即座に表示できるようになります。

「Ctrl + F7」を押すと
以下のような画面が表示されます。
Google日本語入力の単語登録画面
 

単語登録を有効に活用して
文章を入力を効率化しましょう。

Google日本語入力を使うと危険?

「Google日本語入力を使うと危険なの?」
といった不安を持っている人がいます。

これはAndroidにGoogle日本語入力を
インストールした際に

「パスワードやクレジットカード番号などの
個人情報の収集をアプリケーションに許可してもよいか?」

という警告が表示されるからです。

これは全てのIMEをインストールする際
表示されるようになっています。

一時期、他のIMEで
『勝手に入力情報が送信されていた』
という問題があったからです。

Google日本語入力に関しては
入力情報は送信していません。

Google日本語入力の開発者である
komatsu hiroyukiさんも
以下のリンク先にあるように、

入力情報の送信はしておらず
安全ですと保証しています。
komatsu hiroyukiさんのコメント

Google日本語入力とMicrosoft IMEの切り替え方法

Google日本語入力とMicrosoft IMEは
簡単に切り替えることができます。

「Windowsキー」と「Spaceキー」を
同時に押すことにより以下のように
Google日本語入力とMicrosoft IMEを
交互に選択できます。
Google日本語入力とMicrosoft IMEの切り替え方法(Windowsキー+Spaceキー)

 
 
以上、今回は効率化ツールである
Google日本語入力に関して紹介しました。

おすすめのツールですので
ぜひ活用して効率化につなげてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA