Jetpackを使ってWordPressとツイッターを連携する方法

 
今回は、WordPressのプラグイン
「Jetpack by WordPress.com」と
ツイッターを連携する方法を紹介します。

この2つを連携すると、

記事を公開するときに
自動的にツイートしてくれるようになるので、
自分でツイートする手間が省けます。
 

Jetpackには様々な機能がありますが、
ツイートと連携する機能は
Jetpackの「パブリサイズ共有」です。
 

ここでは、パブリサイズ共有の
設定方法と使い方を紹介します。

以下のURLにアクセスすると機能一覧が表示され、
一括設定もできます。

https://★★/wp-admin/admin.php?page=jetpack_modules
※★★にあなたのドメインを入力してください。

 

Jetpackのパブリサイズ共有の設定方法

Jetpackのインストール、有効化、初期設定が
まだ終わっていない場合は以下を参考にしてください。

WordPress Jetpackの重い画像を軽くする機能(CDN)の設定と使い方!注意点も
 
この記事内の、
・2. Jetpackのインストールと有効化
・3. Jetpackの初期設定
の部分です。

 

Jetpackの初期設定が済んだら、
ダッシュボードの「Jetpack」→「設定」をクリックします。
Jetpackの設定を開く
 

「共有」をクリックします。
Jetpackの共有を開く
 

「投稿をソーシャルネットワークに自動共有」に
チェックが入っていることを確認し、
「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックします。
Jetpackのソーシャルメディアアカウントを接続する
 

「Twitter」の「連携」をクリックします。
Jetpackの連携の設定
 

ツイッターのログインIDとパスワードを入力し、
「連携アプリを認証」をクリックします。
Jetpackでツイッターのアカウントを使うための許可
 

「Twitterと連携中」が表示されるので、
「連携」をクリックします。
Jetpackがツイッターと連携中
 

「Twitterアカウントと連携しました。」と表示されます。
Jetpackがツイッターと連携完了
 

これで、
パブリサイズ共有の設定が完了しました。

パブリサイズ共有でツイートする内容の変更

パブリサイズ共有でツイートする内容は、
初期設定でタイトルが入っていますが、
記事のURL、メッセージ、ハッシュタグを
追加で入れることができます。
 

記事の「投稿の編集」にある
「パブリサイズ共有」の「編集」をクリックします。
WordPressのパブリサイズ共有
 

「カスタムメッセージ」が表示されるので、
URL、メッセージ、ハッシュタグなどを入力し、
「OK」をクリックします。
パブリサイズ共有するツイート内容
 

「公開」をクリックして記事を公開すると
この「カスタムメッセージ」にある内容が
連携したツイッターのアカウントにツイートされます。
記事の公開
 

パブリサイズ共有でツイートされるのは
記事が公開されたときの1回のみです。

間違って「公開」をクリックしても
ツイートされてしまいますので、
ツイートを取り消したい場合は
ツイッターにログインして削除する必要があります。
 
 

以上が、
Jetpackを使ってWordPressとツイッターを
連携する方法です。
 

Jetpackのパブリサイズ共有を使うと
ツイッターでツイートする手間が省けるので、

ツイッターとWordPressを
連携させたいと思われているのであれば、
使ってみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA