WordPress Jetpackのサイトアクセラレーター(CDN)の設定と使い方!注意点も

 
私の運営しているブログの1つで、
ある時期にアクセス数が爆発しました。
 

その際、サーバーの転送量が制限され、
サーバー運営会社から届いたメールがこちら。

お客様のサーバーアカウントにおいて、
ご利用プランの目安を大幅に超える転送量が
発生しておりましたので、お知らせいたします。

◯◯プランの場合、
転送量の上限目安値は【70GB/日】でございますが、
お客様のアカウントにおいては直近1日間で
【***GB以上】の転送量が発生しておりました。

今後も同様の転送量が発生した場合、
同収容サーバーをご利用の他のユーザー様や
ネットワークそのものに影響を及ぼす可能性がございましたので、
お客様のサーバーアカウントに対し「速度制限」を設けております。

大変お手数ですが、
アクセスログ・アクセス解析等をご確認のうえ、
運用サイトの見直しやアクセスの分散、
画像データ・動画データ等の軽量化や別サーバーへの移動など、
転送量の軽減対策を行っていただきますようお願いいたします。

 

集められたはずのアクセス(報酬)を
集められなかったという訳です。。。

ただ、その際に、サーバーの転送量を減らす方法を
知ることができたので紹介します。

プラグインの「Jetpack by WordPress.com」
サイトアクセラレーターを有効にする方法です。
 

サイトアクセラレーターを有効にすることによって、
画像を自分のサーバーではなく
外部サーバーから読み込まれるようにできます。
 

つまり、自分が契約しているサーバーの負荷を
大幅に減らすことができる
ということです。
 

これはCDNサービスの1つ。

※CDN:
Content Delivery Networkの略で、
ユーザーに最も近いキャッシュサーバーから
画像や動画などを配信する仕組みを意味します。
 

ただし、メリットだけでなくデメリットもあります。

Jetpackのサイトアクセラレーター(CDN)を有効にする注意点(デメリット)

仕組み上しょうがないことですが、
一度キャッシュされた画像は
自分で削除することはできません。

 

もし、画像のURLを変えずに画像を変更した場合は、
ユーザーには元の画像が表示されてしまいます。

この問題は、画像のURLを変更することで対策できます。
 

それよりも問題なのが、
画質がかなり悪くなるということです。
 

綺麗な画質を表示したい場合は、
サイトアクセラレーターを有効にしないほうがいいです。

明らかに画質が悪くなりますので。
 

キャッシュされた画像を消すことができないことと、
画質が大幅に悪くなることを考慮した上で
使うようにしてください。

私の場合、トレンドアフィリエイトのサイトは
サイトアクセラレーターを有効にしています。

読者の多くは画質を求めている訳ではありません。

画質が悪いのは気になりますが、
サイトが表示されなくなるよりは良いですので。

 

では次に、
Jetpackのサイトアクセラレーターを
有効にする方法を紹介します。

Jetpackのサイトアクセラレーターを有効にする方法

ダッシュボードの
「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。
WordPressのプラグインの新規追加
 

「Jetpack」を検索して、
「今すぐインストール」をクリックします。
Jetpackの検索とインストール
 

「有効化」をクリックします。
Jetpackの有効化
 

以下のような画面が表示されるので、
「Jetpackを設定」をクリックします。
Jetpackの設定
 

Jetpackのアカウントを作成します。

以下の3つの項目をそれぞれ入力し、
「Create your account」をクリックします。

「あなたのメールアドレス」
「ユーザー名を選択」
「パスワードを選択」
Jetpackのアカウント作成
 

「連携を認証しています」が表示されるので
しばらく待ちます。
Jetpackの設定完了
 

Jetpackを利用するサイトの種類を選択し、
「続ける」をクリックします。
Jetpackの目標
 

ブログに関連するキーワードを入力し、
「続ける」をクリックします。
Jetpackのキーワード
 

下に少しスクロールしたところにある
「無料プランでスタート」をクリックします。
Jetpackの無料プランでスタート
 

Jetpackの「設定」をクリックします。
Jetpackの有効化の完了
 

「サイトアクセラレーターを有効化」を
クリックします。
Jetpackのパフォーマンスとスピード01
 

「静的ファイルの読み込みをスピードアップ」を
クリックしてチェックを外します。
Jetpackのパフォーマンスとスピード02
 

「画像の読み込みをスピードアップ」に
チェックがついた状態になります。
Jetpackのパフォーマンスとスピード03
 

以上で、画像を自分のサーバーではなく、
外部サーバーから読み込まれるようになります。
 

サーバーの負荷が圧倒的に軽減されますので、
これで転送量が制限されるようになることはないでしょう。
 

ただし、画質はかなり悪くなりますので、
そこは覚悟しておいてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA