アドセンスの単価高いキーワードと単価とクリック率を上げる方法

アドセンスの収益は以下の式が成り立ちます。

報酬=PV x クリック単価 x クリック率

 

式の詳細はこちらを確認ください。
アドセンス広告の貼り方で収入アップする方法
 

報酬を上げるためには
上記の3つの数値を上げる必要があります。
 

今回はPV(アクセス数)以外の
クリック単価クリック率に関する内容です。
 

まず、クリック単価が高いキーワードを紹介し、
その後、クリック単価とクリック率を上げる方法を紹介します。
 

効率良く報酬を獲得していきましょう。

クリック単価が高いキーワード

一般的に高額商品や高額サービスを扱う企業は
広告費を多くかける傾向があります。
 

つまり、高額商品・サービスに関わる
キーワードは単価が高くなるということです。
 

今回は例としていくつか
クリック単価の高いキーワードを紹介します。
 

以下のようにGoogle 広告で各キーワードの
「入札単価(低額帯)」と「入札単価(高額帯)」を調べることができます。

※「低額帯」とは入札の単価が低かったとき、
 「高額帯」とは入札の単価が高かったときの目安の単価です。
Google-AdWordsで調べた入札単価(クリック単価)の高いキーワード
 

実際のクリック単価はこの額よりも少なくなりますが、
傾向を確認することはできます。
 

以下にキーワード、入札単価(低額帯)と入札単価(高額帯)、検索ボリュームをまとめます。

※2018年1月~2018年12月のデータ

クリック単価の高いキーワード
キーワード 入札単価(低額帯) 入札単価(高額帯) 検索ボリューム
薬剤師 転職 6,705円 15,518円 8,100
薬剤師 求人 4,342円 7,209円 8,100
求人 薬剤師 3,740円 6,077円 260
マンション 売却 2,988円 7,269円 5,400
カードローン 2,464円 4,333円 60,500
転職 医師 2,345円 7,560円 90
キャッシング 2,097円 4,361円 33,100
お金を借りる 1,761円 3,353円 14,800
即日 キャッシング 1,577円 3,993円 1,000
交通事故 弁護士 1,484円 3,849円 9,900
即日審査キャッシング 1,479円 3,377円 40
金融 1,451円 2,687円 14,800
植毛 1,254円 3,748円 9,900
不動産 担保 ローン 1,121円 3,370円 8,100
即日審査 1,102円 3,798円 110
東京 葬式 1,035円 1,806円 50
クレジット カード 即日 984円 1,740円 1,300
ローン キャッシング 937円 3,039円 40
藤沢 塾 794円 2,641円 170
ダイヤモンド 買取 655円 2,447円 4,400
薬剤師 631円 1,627円 27,100
探偵 534円 2,151円 22,200
脱毛サロン 銀座 521円 3,101円 30
クレジットカード 507円 845円 246,000
不動産 ローン 435円 1,701円 720
看護師 310円 674円 74,000
医者 と 結婚 296円 889円 1,300
金融系 291円 1,141円 480

 
以上のようなキーワードはクリック単価が高くなっています。

アドセンス広告のクリック単価を上げる方法

クリック単価を上げる方法を2つ紹介します。

クリック単価の高いネタ・ジャンルで記事を書く

単純に言えば、上で紹介したような
『クリック単価の高い広告が表示されるコンテンツを作成する』
ということです。
 

Googleアドセンスは
コンテンツに合った広告が自動で表示されるからです。
 

しかし、クリック単価の高いキーワードは
多くのサイトが狙っているためライバルが強く、
上位表示をすることは難しい傾向があります。
 

クリック単価の低い広告を表示させない

アドセンス広告はオークション性なので、
この方法はそれほど意味がありません。
 

楽天アフィリエイトなどを
同一ブログないでやっている時に有効な方法です。
 

クリック単価の低い広告を
表示させないようにする設定があります。

クリック単価の低い広告を
配信させないようにすることによって
全体的なクリック単価を高めるという考え方です。

クリック単価の低い広告を
配信させない設定方法は以下を参考にしてください。
アドセンスで特定の広告をブロックする方法
 

広告とコンテンツをはっきりと分ける

これはクリック単価を上げるということと同時に
クリック単価が下がることも少なくする方法です。
 

クリック単価はGoogleと広告主によって
上げられたり下げられたりします。

しかも、あなたのブログを指名で!
 

もし、あなたのブログの広告をクリックしたユーザーが、
その先で商品やサービスを購入する確率が高いのであれば
クリック単価を上げる広告主もいます。
 

逆に、あなたのブログの広告をクリックしたユーザーが、
その先で商品やサービスを購入する確率が低いのであれば
クリック単価を下げる広告主もいます。Googleも下げます。
 

この対策としては誤クリックを防ぐのが効果的です。
つまり、コンテンツと広告とはっきり分けるということです。
 

アドセンス広告のクリック率を上げる方法

クリック単価を上げることと比較し、
クリック率を上げることの方が簡単です。
 

まず、広告の貼る位置とサイズ・種類によっても
クリック率は異なります。

広告の貼り方に関しては以下の記事を参考にしてください。
アドセンス広告の貼り方!サイズ・種類の設定と配置で収入アップ!

ここでは記事の内容で
クリック率を上げる方法を紹介します。
 

記事の内容が商品や物に関して書いてあると
クリック率が上がる傾向があります。

例えば、人気プレゼントに関する記事など。
 

また、無料サンプルの広告
安く購入できるという内容の広告
が表示されるコンテンツもクリック率が高いです。

例えば、アンチエイジングに関する記事が多くあるサイトなど。
 

逆に、考え方、概念、方法などを紹介している記事は
クリック率が低い傾向があります。

例えば「○○の由来」など。
 
 
以上のことを踏まえ、
全て商品や物に関する記事にしてしまうと
サイトアフィリエイトと似てきてしまいます。

トレンドアフィリエイトの利点である
なんでもありの特性を活かし、

様々な記事を書きながら
その中にクリック率の高い商品や物に関する
記事も書くというスタンスがおすすめです。
 

報酬を増やすためには、
アクセス数を増やすことが最重要です。

その次はクリック単価は気にせず、
クリック率を上げることだと認識してください。

※クリック率が高い記事はクリック単価が高いことが多いです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA