グーグルアドセンスの登録審査申請方法まとめ!ブログのおすすめは?

今回はGoogle AdSense‎(グーグルアドセンス)の
申請方法を紹介します。

Google AdSenseはブログを使って
広告収入を得る代表的な手法「トレンドアフィリエイト」に
取り組む際の主な収益源となります。

審査期間を早めるためにも、
この記事を参考にGoogle AdSense‎アカウントの
申請を行なってください。

もし、Google AdSense‎のことを初めて聞いたというのであれば、
以下のGoogle AdSense‎概要説明動画をご覧ください。
(日本Google AdSense‎チーム作成)

 

‎アカウント申請に必要なもの

Google AdSenseアカウントの申請には
以下の2つが必要になります。

・Googleアカウント(Gmailアドレス)
・WordPressブログ

 
申請用のブログは以下を守るようにしましょう。

  • ブログはWordPressを使う。
  • 申請前に3記事以上は書いておく。
  • 1記事1000文字以上書く。
  • オリジナル記事を書く※コピペは絶対にしないこと。
  • アドセンス規約に違反しない。
    ※参考記事 → アドセンス規約違反(ポリシー違反)に関して
  • Google Chromeを使用して申請する
    (IEやSafariはエラーになるという情報もあります)
    ※参考記事 → Google chromeの使い方

 

※だんだんとアカウント取得が難しくなってきており、
 新規参入者が減ってどんどん稼ぎやすくなっています。
 早めにアカウントを作っておくことをおすすめします。

以前のグーグルアドセンスの登録には
1次審査と2次審査がありましたが、
2019年2月時点では、これからお伝えする申請方法のみとなっています。
 

Google AdSenseアカウント申請までの準備

グーグルアドセンスの登録審査では、2016年3月頃から
「無料ブログで登録申請したけど審査に通らない!」
という声が続出しました。
 

「無料ブログでの申請は審査に通らない」というのは
アメリカなどでは当たり前でしたが、
日本でも無料ブログでの申請ができなくなりました。

厳密に言うと「無料ブログだと審査に通らない」
ということではありません。

審査に通らなかった方が
Googleから受け取ったメッセージを紹介します。

URLにはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

 
※AdSenseヘルプのページにも掲載されています。
AdSense アカウントの開設時に URL を入力する方法 (https://support.google.com/adsense/answer/2784438?hl=ja)
 

これだけですと分かりにくいので、例を使って説明します。

これまで無料ブログのSo-netを使った
アドセンス申請をすすめていましたが、
So-netブログのURLは以下のようになります。

http://◯◯◯.blog.so-net.ne.jp/

これはURLにサブドメインを使用していることになります。

そして、アメーバブログ(アメブロ)では、

http://ameblo.jp/◯◯◯/

という形になり、パスを使用していることになります。

このように多くの無料ブログのURLは
パスやサブドメインを使用しています。

これが理由で「無料ブログではアドセンスの審査に通らない」
と言われている訳です。

無料ブログでなかったとしても、
パスやドメインを使用した場合は
審査に通らないということになります。

無料ブログでも審査に通す方法もありますが、
その場合はドメインの契約が必要になります。

ということで、
タイトルに「ブログのおすすめは?」とありますが、
WordPressをおすすめします。
 

WordPressの設定方法などは初めての場合は
全然わからないと思いますが、

ここで紹介している順番に作業していけば
簡単に設定することができますので安心してください。
 

サーバーとドメインを契約

まず、サーバーとドメインを契約する必要があります。

以下の記事を参考に
ドメインとサーバーの契約をおこないます。
サーバーの契約方法
ドメインの契約方法
 

サーバーとドメインは必ず連結しておいてください。

以下の記事内の
「3. エックスサーバー側の独自ドメイン連結方法」を参照。
ドメインの契約方法

アドセンス申請用ドメインにWordPressをインストール

ドメインとサーバーが契約できたら、
次はWordPressをインストールします。

以下の記事を参考に、WordPressをインストールします。
WordPressとは?初心者向けにインストール方法(手順)を解説
 

記事の書き方は次の記事を参考にしてください。
WordPressの使い方マニュアル(初心者入門編)【記事投稿】
 

WordPressサイト(ブログ)の準備ができたら、
次は審査への申請をおこなっていきます。

次に説明します。

Google AdSense‎アカウントの申請方法

まだ、Googleアカウント(Gmailアドレス)を持っていない場合は、
以下の記事を参考にGoogleアカウントを作成します。
Googleアカウントの作り方
 

Googleアカウント(Gmailアドレス)が作成できたら、
Google AdSense‎の申請をしていきます。
 

以下のURLにアクセスしします。
Google AdSense (https://www.google.com/adsense/)
 

「お申し込みはこちら」をクリックします。
Googleアドセンスの申し込み
 

「お客様のウェブサイト」と「メールアドレス」(Gmail)を入力します。
Googleアドセンスの申し込み「ウェブサイトとメールアドレスを入力」
 

「自分のアカウントに合わせたヘルプや提案に関するメールを受け取る」を
チャックして、「保存して次へ」をクリックします。
※グーグルアドセンスからのメールは役立ちますので受け取ることをおすすめします。
Googleアドセンスの申し込み「有益な情報を受け取る」
 

「サイトURL」を入力し、「国または地域を選択」で「日本」を選択します。
※「サイトURL」はグーグルアドセンスを表示させたいサイトのURLを入力します。
Googleアドセンスの申し込み「国または地域を選択」
 

「利用規約をご確認のうえ、同意してください」で
「はい、利用規約を確認し、内容に同意します。」にチェックを入れ、
「アカウントを作成」をクリックします。
Googleアドセンスの申し込み「利用規約」
 

「容易な広告掲載が実現」で「次へ進む」をクリックします。
Googleアドセンスの申し込み「説明」
 

「支払い先住所の詳細」で「郵便番号」、「住所」、
「電話番号」を入力し、「送信」をクリックします。
Googleアドセンスの申し込み「支払い先住所の詳細」

Googleアドセンスの申し込み「住所、名前、電話番号を入力」
 

「電話番号を確認してください」で
SNSや通話で認証できる電話番号を入力します。

「確認コードを受け取る方法を選択してください。」で
「ショートメールサービス(SNS)」または「通話」をクリックします。
※ここでは「ショートメールサービス(SNS)」で認証します。

「確認コードを取得」をクリックします。
Googleアドセンスの申し込み「電話番号を確認」
 

入力した電話番号宛に送られたSNSのコードを入力して、
「送信」をクリックします。
Googleアドセンスの申し込み「確認コードの入力」
 

「サイトをAdSenseにリンク」で「コードをコピー」をクリックします。
Googleアドセンスの申し込み「サイトをAdSenseにリンク」
 

WordPressの「外観」→「テーマの編集」をクリックします。
WordPressの外観→テーマの編集
 

「テーマヘッダー」をクリックします。
WordPressのテーマヘッダー
 

「head」と「/head」の間にグーグルアドセンスのコードを貼り付け、
「ファイルを更新」をクリックします。
※「/head」のすぐ上に貼り付けるとわかりやすいです。
WordPressのコードの挿入
 

グーグルアドセンスのページに戻り、
「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れ、
「完了」をクリクします。
Googleアドセンスの申し込み「サイトにコードを貼り付け」
 

「アカウントの有効化」が表示されます。
Googleアドセンスの申し込み「アカウントの有効化」
 
 

以上で、グーグルアドセンスの審査への申請は完了です。
 

無事に審査に通過すると
グーグルアドセンスから下記のようなメールが届きます。
Googleアドセンスの申し込み「アカウントの承認手続きが完了」
 

以上で、グーグルアドセンスアカウントの
登録審査への申請は完了です。
 

広告コードの貼り付け直後は、
広告スペースは青色になっていますが、
審査に通れば広告が表示されるようになります。
 

早い人だと1日、遅くとも2週間以内には広告が表示されます。
 

もし、2週間経ってもGoogleから連絡がないという場合は、
以下の「AdSense 審査状況確認フォーム」を利用してみてください。

AdSense審査状況確認フォーム (https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfbuzhIJYBxVD8u9sSka7a26-PGJBpF16jc6dOAVuM1GoC7lg/viewform?theme=0AX42CRMsmRFbUy1mYzJkYmE4MS04Mzc4LTQ0ZGMtYjFlYi03NjU4MjkyMjIwMWY)
 

アドセンス広告をブログに貼り付ける方法

ここではアドセンス広告の基本的な貼り方をお伝えします。
 

アドセンス広告コードの取得

以下のURLから
Google AdSense‎の管理画面にログインします。
Google AdSense (https://www.google.com/adsense/)
 

「ログイン」をクリックし、ログインします。
Googleアドセンスのログイン
 

「メニュー」→「広告」→「広告ユニット」をクリックします。
Googleアドセンスの広告ユニット
 

「+新しい広告ユニット」をクリックします。
Googleアドセンスの新しいユニット
 

「テキスト広告とディスプレイ広告」の「選択」をクリックします。
Googleアドセンスのテキスト広告とディスプレイ広告
 

広告ユニットの内容を以下のように入力と選択し、
「保存してコードを取得」をクリックします。

・名前:自由に任意の名前を付けてください。※ここでは「広告0」としています。
・広告サイズ:レスポンシブ
・広告タイプ:テキスト広告とディスプレイ広告
Googleアドセンスの新しい広告ユニットの作成
 

広告コードが表示されるので、
この広告コードをメモ帳などに貼り付けておきます。
(後からブログに貼り付けます)
Googleアドセンスの広告コード

WordPressへの広告コードの貼り付け方法

広告コードの貼り方は様々ありますが、
サイドバーに貼るのが簡単です。

※実際に収益を上げる場所とは異なります。

 

WordPressのダッシュボードの
「外観」→「ウィジェット」をクリックします。
グーグルアドセンス広告をWordPressのサイドバーに貼り付け 外観 ウィジェット
 

「テキスト」→「ウィジェットを追加」をクリックします。
WordPress-テキスト
 

タイトルには何も記入せず、内容に「スポンサーリンク」と記入し、
その下に先程コピーした広告コードを貼り、「保存」をクリックします。
WordPress-広告コードの貼り付け
 

これで広告コードの貼り付けは完了です。

サイトを確認してみるとサイドバーに
広告のスペースができているはずです。

アドセンス広告は審査が通っても
すぐに広告が表示されないことがあります。

そんなときは少し待ってから
もう一度、サイトを表示してみてください。

アドセンス広告の貼り付け時に注意すべきこと

現在、広告コードの上に広告とわかるようなラベル表記は
必ずしも必要ありません。

ただ、ラベル表記をする場合には、
決まった形がありますので紹介します。

広告コードの上に ラベル表記する場合は「スポンサーリンク」か「広告」を記載する

 
これはアドセンス規約で決まっています。
 

見つかればアカウントが停止されてしまう可能性もあります。

そうなった場合、広告報酬がゼロになってしまいます。

 

質問されることが多いので書いておきますが、
アカウントが取得できたら、他のサイトでも広告は使用可能です。
 

以上、今回はグーグルアドセンスの審査の申請方法と
ブログに貼り付ける方法をを紹介しました。
 

年々審査が厳しくなってきていますので、
早めにアドセンスのアカントを取得しておきましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA