strongタグ(html強調)はSEOに効かない?非推奨の使い方とは?

※動画はパスワードで保護されています。



<strong>タグで挟んだテキストは
ブラウザ上で太文字に表示されます。

また、
<b>タグで挟んだテキストも
ブラウザ上で太文字に表示されます。
 

<strong>と<b>それぞれのタグに
「どのような意味があるのか」
「どのように使い分ければ良いのか」
などを紹介します。
 

<strong>タグはSEOに効かない
という噂もありますが
実際のところはどうなんでしょうか?

strongタグはSEOに効かない?

<strong>と<b>の使い分けや
SEOへの効果に関しては、
ネット上に様々な意見があります。

まず、
<strong>と<b>の意味に関してですが、
以下のような意見が多かったです。

<strong>:
テキストを強調したい時に使用する。
(検索エンジンへのアピール)
<b>:
文字を太くしたい時に使用する。
(検索エンジンへのアピールはなく、表示上)

 
つまり、
検索エンジンにアピールしたい
キーワードなどは<strong>を使い、

検索エンジンにはアピールせず
ブラウザの表示上だけ太字にしたい時は
<b>を使うということです。

これらは<strong>と<b>それぞれに
意味を持たせる派(使い分ける派)の意見です。
 

一方、異なる意見もあります。

・使い分ける意味はなく、
 <strong>と<b>どちらを
 使っても変わらない。
・<strong>だけ使えば良い。

 

そこで
検索エンジンGoogleは
どのように考えているのか
気になると思いますが、

GoogleのMatt Cuttsさんが
<strong>と<b>のSEO上の違い
に関して語っている動画
がありました。

 

Matt Cuttsさん曰く、

Googleは<strong>と<b>はどちらが
使われていようと気にしていない

ということですので、
先程の後者の意見に近いのではと思います。

WordPressで記事を作成する
テキストエディタ画面では、

【b】というボタンが<strong>タグを
入力するためのボタンになっています。
strongタグ html 強調 SEO 効かない 非推奨の使い方 wordpress テキストエディタ

このことからWordPressは
「<b>は使わず、<strong>を使えばOKだよ」
という意見だと考えられます。
 

「<strong>と<b>はSEO上は
 どちらを使っても変わらない」

とGoogleも言っていますので、
WordPressにあるように<strong>を
使っていけば問題ないということでしょう。
 

ただし、文字装飾は
「記事作成者の強調したい部分」
「読者が読みやすくする装飾」
などの意味があります。

SEOのことを考えて装飾するのではなく、
「読者が読みやすいように」
「主張が伝わりやすいように」
装飾タグを使用していってください。
 

読者にわかりやすい表現をすれば
おのずと検索エンジンの評価も
良くなるはずです。

strongタグの非推奨の使い方とは?

<strong>だけでなく
その他の装飾タグも同様ですが、
非推奨の使い方は『使い過ぎない』
ということです。

先程も書いたように、
装飾は読者に読みやすいように、
もしくはその記事の筆者が主張したい
(強調したい)部分を表現するために
使うものです。

装飾ばかりの記事は読みにくいだけでなく、
筆者が主張したい部分もぼやけてしまいます。

『読みやすく主張が伝わる記事を書く』
ということを意識して、
装飾タグを使うようにしていきましょう。
 
 
以上、今回は
<strong>と<b>のSEO上の違いに関して、
一般的な意見とGoogleやWordPressの考え方
を紹介しました。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA