MKEditor for windowsの使い方!折り返しや改行削除のカスタマイズ設定

テキストエディタというと
難しく聞こえるかもしれませんが

もし、あなたのパソコンがWindowsであれば
標準テキストエディタである「メモ帳」が使えるはずです。

メモ帳
 

メモ帳と聞けばわかるかもしれませんが、
テキストエディタはテキストを書くためのソフトです。
 

しかし、標準テキストエディタの
メモ帳は最低限の機能しかありません。
 

もし、あなたがネットビジネスに取り組むのであれば
無料のテキストエディタ「MKEditor」
を使うことをおすすめします。

NKEditorはフリーソフトにも関わらず
多機能で便利なテキストエディタです。
 

メモ帳と比較して、MKEditorが使いやすい点は以下3つ。

  • タブ機能があり、複数のファイルの編集が簡単。
  • URLを入力した場合、URL上でダブルクリックすると
    URL先のページを開くことが可能。
  • 文字数が一目で分かる。

 

MKEditorには様々な機能がありますが、
上記3点が特に使いやすいと感じています。
 

効率的に作業できますので
ぜひMKEditorを使用してみてください。

MKEditor for windowsのダウンロード方法

以下のURLへアクセス。
VectorのMKEditor for Windowsページ
(http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se083554.html)

Vector内MKEditor for windowsページにある
「ダウンロード」タブをクリックします。
VectorのMKEditor for Windowsページのタブをクリック
 

「ダウンロードページへ」をクリックします。
ダウンロードページへをクリック
 

「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックします。
このソフトを今すぐダウンロードをクリック
 

ダウンロードした「mke399j.exe」をダブルクリックして起動。
ダウンロードされたmke399j.exe
 

「はい」をクリックします。
MKEditor for Windowsのインストールしますかはい
 

インストール先を選んで「次へ」をクリックします。
MKEditor for Windowsのインストール先を選んで次へをクリック
 

「次へ」をクリックします。
MKEditor for Windowsのインストール次へをクリック
 

「完了」をクリックします。
MKEditor for Windowsのインストール完了
 

「完了」をクリックするとMKEditorが開きます。
 

タスクバー表示されたMKEditorのアイコン上で右クリックし、
「タスクバーにピン留めする」をクリックします。
右クリックしてタスクバーにピン留めするをクリック
 

これで常にタスクバーにMKEditorが表示されます。

アイコンをクリックするだけで
MKEditorを開くことができ作業効率が上がります。
タスクバーにMKEditorをピン留め
 

MKEditor for windowsの使い方!

MKEditorの使い方は非常に簡単です。

新規作成と保存方法さえ理解しておけば問題ありません。
 

■新規作成
以下のアイコンをクリックすると「新規作成」できます。
新規作成
 

■名前を付けて保存
以下のアイコンをクリックすると「名前を付けて保存」できます。
名前を付けて保存
 

データを編集した時にはタブに*マークが付きます。
編集した時にはタブにアスタリスクマーク
 

■上書き保存
以下のアイコンをクリックすると「上書き保存」できます。
上書き保存
 

■タブの使い方
複数テキストデータを開いた場合、
タブをクリックすることによって
編集ファイルを選択することが可能です。
タブによって複数のファイルから編集したいファイルを選択可能
 

■URLを入力した時
URLを以下のように入力した場合、
URLをダブルクリックすると
URL先へアクセスすることができます。
URLを認識
 

折り返しのカスタマイズ設定

次に、カスタマイズしておくと便利な設定を2つ紹介します。

まず、「折り返し」の設定です。

デフォルトの状態だと以下のように
「折り返しなし」の設定になっています。

※1行の文字数が多いと文章が最後まで見えません。
折り返しなし
 

この設定を以下のように「折り返しあり」の設定に
カスタマイズする方法を紹介します。

※折り返して文章全てを表示します。
折り返しあり
 

「ツール」→「エディタオプション」をクリックします。
ツールのエディタオプションをクリック
 

「折り返し」→「ウィンドウの右端で折り返す」
にチェックを入れ「OK」をクリックします。
デフォルトでウィンドウの右端で折り返す設定
 

以上で、「折り返しあり」の設定になります。

起動するたびに変更する必要はなく
一度設定するだけでOKです。

改行削除のカスタマイズ設定

次は「改行マーク」を削除する設定です。

デフォルトの状態だと以下のように
「改行マーク」が表示されており、
非常に見にくい状態になっています。
改行マークあり
 

この「改行マーク」を削除(非表示)することが可能ですので
カスタマイズ方法を紹介します。

「ツール」→「エディタオプション」をクリックします。
ツールのエディタオプションをクリック
 

「表示2」→「改行マーク」のチェックを外して
「OK」をクリックします。
表示2の改行マークのチェックを外してOKをクリック
 

これで「改行マーク」を削除することができます。
改行マークなし
 

以上、今回はテキストエディタ「MKEditor」を紹介しました。
 

非常に便利なツールで作業の効率化につながりますので、
ぜひ使用してみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA