WordPressリビジョン削除と無効化プラグイン!自動保存回数管理も

WordPressにはリビジョン機能があります。
これは過去の記事を保存してくれる機能で
過去の記事に戻したい時に活用します。

リビジョンは下書き保存
プレビューをした時に増えていきます。

※自動保存とリビジョンを間違って
 説明しているサイトもありますが、
 自動保存とリビジョンは別の機能です。
 

私がWordPressを
使い始めて1年経ってから気づきましたが、

このリビジョンという機能
全く活用していませんでした。。。

全く活用していませんが、
リビジョンは大量に残っています。

以下のように。
WordPressリビジョン自動保存履歴
 

1つのリビジョンは
極僅かなデータ量ですが

長い間WordPressを運営すると
膨大なデータ量になりサーバーを
圧迫してしまいます。
 

また、このリビジョン機能の
おかげで(せいで?)
投稿IDの数値も大きくなってしまいます。

投稿記事の数に対して
投稿IDの数値が大きかったりしませんか?

私はそうなっていました。。。

その原因がリビジョン機能です。
 

リビジョンは下書き保存した時に
作成され、次に投稿する記事のIDが
増えた数値になります。

※自動保存ではIDは増えません。
 

今回はそんな増え続ける
リビジョンの対策として
プラグイン
「Optimize Database after Deleting Revisions」

「Revision Control」
を紹介します。

「Optimize Database after Deleting Revisions」は
ちょっと名前が長いですが、、、
このプラグインは以下の機能があります。

・リビジョンを一括削除
・データベースを最適化

 

そして、
「Revision Control」は
以下の機能があります。

・リビジョンの自動保存回数を設定
・リビジョン機能を無効化

今回はWordPressプラグイン
「Optimize Database after Deleting Revisions」

「Revision Control」
の使い方を紹介します。

Optimize Database after Deleting Revisionsの使い方

ダッシュボードの「プラグイン」
→「新規追加」をクリック。
ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリック
 

「Optimize Database after Deleting Revisions」を検索して、
【いますぐインストール】をクリック。
WordPressプラグインOptimize Database after Deleting Revisionsを検索していますぐインストール
 

【プラグインの有効化】をクリック。
WordPressプラグインOptimize Database after Deleting Revisionsを有効化
 

以上で、インストールと有効化の完了です。

設定

次に実際に以下を行います。

・リビジョンを一括削除
・データベースを最適化

 

ダッシュボードの「設定」
→「Optimize Database」をクリック
WordPressダッシュボードの設定-Optimize Databaseをクリック
 

以下の画面で設定します。
(クリックすると拡大します)
WordPressプラグインOptimize Database after Deleting Revisionsの設定
 
設定項目は以下。

1.Maximum number of – most recent – revisions to keep per post/page:
 → リビジョンの保存数を設定。
2.Delete trashed items:
 → ゴミ箱データを削除。
3.Delete spammed items:
 → スパムデータを削除。
4.Delete unused tags:
 → 不使用タグを削除。
5.Delete expired transients:
 → 内部キャッシュを削除。
6.Delete pingbacks and trackbacks:
 → ピンバックやトラックバックを削除。
7.Keep a log:
 → ログデータを保存。
8.Scheduler:
 → データベースの自動最適化のスケジュール設定
9.Show ‘1-click’ link in Admin Bar:
 → 管理画面にリンクを表示。
10.Show an icon in the Admin Menu:
 → 管理画面にアイコンを表示。

設定が完了したら、下にある
【Save Settings】をクリック。
WordPressプラグインOptimize Database after Deleting RevisionsのSave settings
 

設定を保存したら、次に最適化を行います。

最適化

【Go To Optimizer】をクリック。
WordPressプラグインOptimize Database after Deleting RevisionsのGo to Optimizer
 

先程設定した項目が表示されるので、
間違いがなければ
【Start Optimization】をクリック。
WordPressプラグインOptimize Database after Deleting Revisionsの最適化
 

最適化が行われ、
一番下に最適化前後の
データ容量が表示されます。

今回の例の場合、
最適化前が25.361MB
最適化後が15.705MB
で9.656MBもの容量を
削減することができました。
WordPressプラグインOptimize Database after Deleting Revisionsで最適化後
 

最適化は一ヶ月に一回程度行いましょう。

また、
自動最適化のスケジュール設定は
サーバーの負荷が大きくなって
しまいますのでおすすめしません。

手動で行うようにしましょう。

このプラグイン
「Optimize Database after Deleting Revisions」
を利用することにより、

・リビジョンを一括削除
・データベースを最適化

 
が可能になります。

データの最適化を行い
無駄なデータ容量を減らしましょう。

Revision Controlの使い方

ダッシュボードの「プラグイン」
→「新規追加」をクリック。
ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリック
 

「Revision Control」を検索して、
【いますぐインストール】をクリック。
WordPressプラグインRevision controlを検索していますぐインストール
 

【有効化】をクリック。
WordPressプラグインRevision controlを有効化
 

設定

ダッシュボードの「設定」
→「リビジョン」をクリック。
WordPressダッシュボードの設定-リビジョンをクリック
 

リビジョンコントロール設定で
保存する記事数を指定できます。

「リビジョン最大保存数:1」に設定。

リビジョンを無効化すると
下書き保存した後でないとプレビューが
反映されませんので非効率になります。

したがって、リビジョンは無効化せず
投稿IDが増えていくことは諦めましょう。
WordPressプラグインRevision-control-リビジョンコントロールの設定
 

【変更を保存】をクリック。

以上のように
「Revision Control」を使用することによって

・リビジョンの自動保存回数を設定
・リビジョン機能を無効化

が可能となり、

リビジョンが無限に増え
投稿IDがどんどん増えていく
ということがなくなります。

今回はリビジョン関連の
プラグインを紹介しました。

リビジョンの使用頻度に合わせて
活用してください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA