賢威の最新情報などの日付を消す方法!タグやカテゴリー記事一覧や検索結果一覧の日付も削除

今回はWordPressテーマ賢威
最新情報や記事内に表示される日付を消す方法を紹介します。
 

賢威をインストールしたデフォルトの状態では
「日付」が表示される設定になっています。
 

用途に合わせて非表示にすることも可能ですので、
カスタマイズ方法を覚えておきましょう。

賢威の最新情報などの日付を消す方法

以下5つの日付を消す方法を紹介します。

1.全ての日付

2.トップページの最新情報の日付
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 最新情報 日付
 

3.トップページの記事一覧の日付
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 トップページ 記事一覧
 

4.記事内上部の日付
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 記事内上部
 

5.カテゴリーの記事一覧の日付

6.タグの記事一覧の日付

7.検索結果一覧の日付

一括でまとめて全ての日付を消す方法

ダッシュボードの「設定」→「一般」をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 設定 一般
 

以下のように「日付のフォーマット」と「時刻フォーマット」をカスタムにして空欄にします。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 日付のフォーマット 時刻フォーマット
 

【変更を保存】をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 設定 一般 変更を保存

これで全ての日付が非表示になります。

ただし、以下のように「最新情報」に不自然な空白ができてしまっているので修正する必要があります。

この修正方法は次の「トップページの最新情報の日付を消す方法」で説明します。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 最新情報 日付 編集後
 

トップページの最新情報の日付を消す方法

ダッシュボードの「外観」→「テーマの編集」をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 外観 テーマの編集
 

「メインインデックスのテンプレート(index.php)」をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 メインインデックスのテンプレート index.php
 

「index.php」内の以下の部分を編集します。

 

↓編集後(「year」→「del」)

 
編集したら、【ファイルを更新】をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 外観 テーマの編集 ファイルを更新
 

これで以下のように日付を消すことができます。しかし、不自然な空白ができてしまっているので修正します。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 最新情報 日付 編集後
 

ダッシュボードの「外観」→「テーマの編集」→「design.css」をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 外観 テーマの編集 design.css
 

「design.css」内の以下の部分を編集します。

↓編集後(「16.5」→「7」)

編集したら、【ファイルを更新】をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 外観 テーマの編集 ファイルを更新
 

これで、以下のように不自然な空白が削除されました。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 最新情報 日付 編集後 空白
 

トップページの記事一覧の日付を消す方法

記事一覧の日付は、先程の最新情報の日付と同様に「index.php」を編集します。

「index.php」内の以下の部分を編集します。

↓編集後(「<span class=”post-data”><?php the_time(get_option( ‘date_format’)); //the_time(‘Y年m月d日’) ?></span>」を削除)

編集したら、【ファイルを更新】をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 外観 テーマの編集 ファイルを更新
 

これで以下のように日付を消すことができます。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 トップページ 記事一覧 編集後
 

記事内上部の日付を消す方法

記事内上部の日付は「単一記事の投稿(single.php)」を編集することによって消すことができます。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 外観 テーマの編集 単一記事の投稿 single.php
 

「single.php」内の以下の部分を編集します。

↓編集後(「<span class=”post-data”><?php the_time(get_option( ‘date_format’)); //the_time(‘Y年m月d日’) ?></span>」を削除)

編集したら、【ファイルを更新】をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 外観 テーマの編集 ファイルを更新
 

これで以下のように日付を消すことができます。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 記事内上部 編集後
 

カテゴリーの記事一覧の日付を消す方法

カテゴリーの記事一覧の日付は「アーカイブ(archive.php)」を編集することによって消すことができます。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 外観 テーマの編集 アーカイブ archive.php
 

「archive.php」内の以下の部分(3行目)を編集します。

↓編集後(「<span class=”post-data”><?php the_time(get_option( ‘date_format’)); //the_time(‘Y年m月d日’) ?></span>」を削除)

編集したら、【ファイルを更新】をクリック。
賢威 最新情報 日付 消す 方法 タグ コメント欄 削除 外観 テーマの編集 ファイルを更新

これで、「カテゴリーの記事一覧」「タグの記事一覧」「検索結果一覧」のアーカイブページの日付を同時に消すことができます。

タグの記事一覧の日付を消す方法

カテゴリーの記事一覧の日付を消す方法と同じです。

検索結果一覧の日付を消す方法

カテゴリーの記事一覧の日付を消す方法と同じです。
 
 

以上、長くなってしまいましたが、WordPressテーマの日付を消す方法を紹介しました。

一括まとめて日付を消す方法が一番簡単ですが、用途に合わせてカスタマイズしてみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA