All in One SEO Packの設定と使い方!キーワードやnoindexなど

※動画はパスワードで保護されています。



WordPressテーマの賢威を使っていないのであれば
「All in One SEO Pack」は必須のプラグインです。

使用しているWordPressテーマが
「All in One SEO Packの機能を備えている」
と声高にアピールしていない限り
必ずインストールしておいてください。

All in One SEO Packは
内部SEO対策を万全に行なってくれます。

少し設定が複雑なところがありますが、
この記事に書いてある手順通りに進めてもらえれば
簡単に設定できますので安心して進めてください。

All in One SEO Packのインストールと有効化

ダッシュボードの「プラグイン」
→「新規追加」をクリック。
ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリック
 

「All in One SEO Pack」を検索し、
【いますぐインストール】をクリック。
All in One SEO Packを検索していますぐインストールをクリック

【プラグインを有効化】をクリック。
All in One SEO Packを有効化

有効化するとダッシュボードに
「All in One SEO」
というメニューが設置されます。
ダッシュボードにあるAll in One SEOのメニュー
 

以上で、All in One SEO Packの
インストールと有効化が完了です。

All in One SEO Packの設定

All in One SEO Packは有効化するだけではなく、
設定する必要があります。

少し設定が面倒ですが、
この記事のとおりに順番に行ってください。

ダッシュボードの
「All in One SEO Pack」をクリック。
ダッシュボードにあるAll in One SEOのメニュー

~~ 目次 ~~
2.1 General Settings ※デフォルトのままでOK
2.2 Home Page Settings ※デフォルトのままでOK
2.3 Keyword Settings ← 設定変更必要
2.4 Title Settings ← 設定変更必要
2.5 Custom Post Type Settings ※デフォルトのままでOK
2.6 Display Settings ※デフォルトのままでOK
2.7 Webmaster Verification ※デフォルトのままでOK
2.8 Google Settings ※デフォルトのままでOK
2.9 Noindex Settings ← 設定変更必要
2.10 Advanced Settings ※デフォルトのままでOK

General Settings (All in One SEO Packの設定 1/10)

以下のように設定します。※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのGeneral Settings
 

このプラグインを利用し、すでに募金しています:(チェックなし)

Canonical URLs:チェック

No Pagination for Canonical URLs:(チェックなし)

Enable Custom Canonical URLs:(チェックなし)

Set Protocol For Canonical URLs:
Auto:選択
HTTP
HTTPS

Use Original Title:
利用
利用停止:選択

Use Schema.org Markup:チェック

ログの重要なイベント:(チェックなし)

Home Page Settings (All in One SEO Packの設定 2/10)

以下のように設定します。※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのHome Page Settings
 

ホームタイトル:(空欄)

ホーム詳細(Description):(空欄)

ホームキーワード(コンマで区切る):(空欄)

Use Static Front Page Instead
利用
利用停止:選択

Keyword Settings (All in One SEO Packの設定 3/10)

以下のように設定します。
All in One SEO PackのKeyword Settings
 

Use Keywords:
利用:選択
利用停止

メタキーワードとしてカテゴリーを使う:チェック

メタキーワードとしてタグを使う:チェック

Dynamically Generate Keywords for Posts Page/Archives:チェック

Title Settings (All in One SEO Packの設定 4/10)

以下のように設定します。(1/2)
All-in-One-SEO-PackのTitle-Settings1
 

タイトルを書き換える:
利用:選択
利用停止

Capitalize Titles:(チェックなし)

カテゴリータイトルを大文字にする(英字のみ):(チェックなし)

Home Page Title Format:%page_title%

固定ページタイトルフォーマット:%page_title% | %blog_title%

投稿タイトルのフォーマット:%post_title% | %blog_title%
 

以下のように設定します。(2/2) ※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのTitle Settings2
 

カテゴリータイトルのフォーマット:%category_title% | %blog_title%

アーカイブのタイトルフォーマット:%archive_title% | %blog_title%

Date Archive Title Format:%date% | %blog_title%

Author Archive Title Format:%author% | %blog_title%

タグのタイトルフォーマット:%tag% | %blog_title%

検索時のタイトルフォーマット:%search% | %blog_title%

Description Format:%description%

404エラーのタイトルフォーマット:Nothing found for %request_words%

固定ページのフォーマット:– Part %page%

Custom Post Type Settings (All in One SEO Packの設定 5/10)

以下のように設定します。※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのCustom Post Type Settings
 

カスタム投稿用のSEO
利用:選択
利用停止

SEO on only these post types:
投稿:チェック
固定ページ:チェック
メディア:(チェックなし)
コンタクトフォーム:(チェックなし)

Enable Advanced Options:
利用
利用停止:選択

Display Settings (All in One SEO Packの設定 6/10)

以下のように設定します。※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのDisplay Settings
 

Show Column Labels for Custom Post Types:
投稿:チェック
固定ページ:チェック
メディア:(チェックなし)
コンタクトフォーム:(チェックなし)

Display Menu In Admin Bar:チェック

Display Menu At The Top:チェック

Webmaster Verification (All in One SEO Packの設定 7/10)

以下のように設定します。※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのWebmaster Verification
 

Google Webmaster Tools:(空欄)

Bing Webmaster Center:(空欄)

Pinterest Site Verification:(空欄)

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)
に関しては以下の方法で設定ください。

 

Google Settings (All in One SEO Packの設定 8/10)

以下のように設定します。※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのGoogle Settings
 

Google Plus Default Profile:(空欄)

Disable Google Plus Profile:(チェックなし)

Display Sitelinks Search Box:(チェックなし)

Set Preferred Site Name:(チェックなし)

Advanced Authorship Options:
利用
利用停止:選択

GoogleアナリティクスID:(空欄)

Noindex Settings (All in One SEO Packの設定 9/10)

以下のように設定します。(1/2)
All in One SEO PackのNoindex Settings
 

カテゴリーをnoindexにする:チェック

Use noindex for Date Archives:チェック

Use noindex for Author Archives:チェック

タグをnoindexにする:チェック

Use noindex for the Search page:チェック

Use noindex for the 404 page:チェック

Use noindex for paginated pages/posts:チェック

以下のように設定します。(2/2) ※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのNoindex Settings2
 

Use nofollow for paginated pages/posts:(チェックなし)

Exclude site from the Open Directory Project:(チェックなし)

Exclude site from Yahoo! Directory:(チェックなし)

Advanced Settings (All in One SEO Packの設定 10/10)

以下のように設定します。(1/2) ※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのAdvanced Settings
 

Avoid Using The Excerpt In Descriptions:(チェックなし)

詳細を自動生成:チェック

Run Shortcodes In Autogenerated Descriptions:(チェックなし)

Remove Descriptions For Paginated Pages:(チェックなし)

Never Shorten Long Descriptions:(チェックなし)

Unprotect Post Meta Fields:(チェックなし)

以下のように設定します。(2/2) ※デフォルトのままで特に変更は不要です。
All in One SEO PackのAdvanced Settings2
 

固定ページを除外する:(空欄)

投稿のヘッダーに追加記入:(空欄)

固定ページのヘッダーに追加記入:(空欄)

フロントページのヘッダー追加:(空欄)

Additional Blog Page Headers:(空欄)

以上、All in One SEO Packの設定は完了です。

お疲れ様でした!

All in One SEO Packの使い方

基本的に上の設定を行えば、
記事投稿時の設定は必要ありません。

まれに
インデックスさせたくない記事
出てくると思いますので、
その時は以下のようにして個別に設定が可能です。

記事作成画面で表示オプションで
「All in One SEO」に
チェックが付いていることを確認します。
All in One SEO Packの記事投稿時の使い方-表示オプション

All in One SEO Packを表示オプションでチェック
 

表示オプションでチェックが付いていれば
以下のように記事本文下に
All in One SEO Packが表示されます。
記事本文の下にAll in One SEO Packが表示
 

All in One SEO Packを展開すると
以下のようにnoindexを設定できる項目があります。

ここにチェックを付けると
noindexやnofollowを設定することが可能です。
All in One SEO Packでnoindex設定

 

以上、
今回はWordPressプラグイン
「All in One SEO Pack」の設定と使い方
を紹介しました。

このプラグインだけで
サイト内部のSEO対策は万全です。

WordPressテーマの賢威などのように
All in One SEO Packの機能を持っていない
テーマを使用する場合は必ず使用しましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA