URL削除方法!GoogleツールSearch Consoleにインデックス削除依頼

トレンドサイトを運営していると、
アクセスが集まらない記事が出てきます。

アクセスが集まらないということは
検索需要がない記事だと考えられます。

※タイトルや記事本文はしっかりしている前提
 

このようなページがサイト内に存在していると、
検索エンジンからの評価を下げてしまいます。

検索エンジンからの評価を下げないように、
記事を削除、もしくはnoindex設定にしましょう。

 

ただし、インデックスを削除するよりも
より価値ある記事を投稿する方が重要です。

ある程度記事数が溜まったら、
時期を見て整理する意味でおこなってください。
 

記事の削除は、WordPressのダッシュボードの
「投稿」→「投稿一覧」からできます。

それとともに、
インデックスの削除もしておきましょう。

記事を削除してから時間が経てば
自動的にインデックスは削除されますが、
すぐにインデックス削除しておくことをおすすめします。

URL削除方法!Google Search Consoleにインデックス削除依頼

インデックスされている記事を
インデックスから削除(URL削除)する方法を紹介します。
 

Search Consoleの「古いコンテンツの削除」に
アクセスします。
古いコンテンツの削除
(https://www.google.com/webmasters/tools/removals)

 

「ログイン」でメールアドレスまたは電話番号を入力し、
「次へ」をクリックします。
Search Consoleのメールアドレスの入力
 

パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
Search Consoleのパスワードの入力
 

削除したいURLを入力し、
「削除をリクエスト」をクリックします。
Search-Consoleの古いコンテンツの削除
 

「URLを分析しています」と表示されます。
Search-ConsoleのURLの分析
 

「削除をリクエスト」をクリックします。
Search-ConsoleのURLの削除をリクエスト
 

「OK」をクリックします。
Search-ConsoleのURLの削除をリクエストの完了
 

これで、URLの削除依頼は完了です。

以下のようにURL削除依頼の一覧が表示されます。
Search-ConsoleのURLの削除リクエストの確認
 

依頼完了直後はステータスが「保留」になります。

数日後に確認すれば、以下のようにステータスが
「削除されました」に変わります。
 

もし、ステータスが
「削除されました」にならない場合は、
以下が考えられますので確認してください。

  • 記事自体が削除されていない。
  • 記事がnoindex指定になっていない。

 

記事が削除されていない場合は、
クローラーが記事内をクロールします。

その時に、noindex指定になっていない場合は
いくらURL削除依頼をしても、
またインデックスされてしまうので気をつけてください。
 

以上、URLの削除方法を紹介しました。

アクセス集まらない検索需要のない記事は
削除してサイトの評価を上げていきましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントは受け付けていません。