WordPressのサーバー移行手順とおすすめの引っ越しプラグイン

WordPressサイトを運営していて、
サーバーを移行する必要がある場合があります。
 

例えば、
「サーバーの容量を増やしたい」とか、
「サイトを管理する上で移行させたい」とか、
「アクセス数が集まりすぎてサーバーがダウンする」
だとか、様々な理由があると思いますが、
 

今回はそのような場合に、
簡単にサーバーを移行させる方法を紹介します。
 

前提条件は以下です。

  • WordPressサイトを運営している。
  • ドメインは変更せず、サーバーのみ変更する。
  • サーバー移行に伴うアクセス数の減少を起こしたくない。

この条件のもと、
簡単にサーバーを移行する手順を紹介します。
 

今回紹介するサーバー移行方法は
WordPressプラグインを使用します。
 

簡単に使用できるおすすめの引っ越しプラグインですので、
サーバー移行の効率化に活用してみてください。

WordPressのサーバー移行におすすめの引っ越しプラグイン

まず、サーバー移行に使用するプラグインを紹介します。
 

引っ越しプラグインと言うと多くのサイトでは
Duplicatorが紹介されていますが、エラーが多くおすすめではありません
 

私が実際に使用した時もエラーが起こりました。

その際に、様々なサイトを確認してみましたが、
「Duplicator」はエラーが起こることが多いようです。
 

そこで、他のプラグインを何個か試してみたのですが、
 

その試したプラグインの中で、初心者でも使いやすく、
エラーの起こりにくい引っ越しプラグインはこれです。

「All-in-One WP Migration」
 

「Duplicator」よりも操作が簡単で、
かつ、エラーの起こりにくいプラグインですので、

WordPressのサーバー移行は
「All-in-One WP Migration」がおすすめです
 

WordPressのサーバー移行手順

では次に、サーバー移行手順を紹介します。
 

まずは全体の流れを以下に示します。

  1. 【移行元】WordPressに「All-in-One WP Migration」をインストール
  2. 【移行元】「All-in-One WP Migration」を使って、WordPressサイトデータをPC内にダウンロード
  3. 【移行先】サーバーにドメイン追加
  4. 【移行先】追加したドメインにWordPressをインストール
  5.  PC内のhostsファイルを編集して保存
  6. 【移行先】WordPressに「All-in-One WP Migration」をインストール
  7. 【移行先】「All-in-One WP Migration」を使って、元データをインポート
  8.  PC内のhostsファイルを元に戻す
  9.  ネームサーバーを変更

 

順番に説明していきます。

 

1.【移行元】WordPressに「All-in-One WP Migration」をインストール

「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。
WordPressダッシュボードのプラグイン-新規追加をクリックする
 

「All-in-One WP Migration」を検索して、
【今すぐインストール】をクリックします。
All-in-One-WP-Migrationをインストール
 

インストールが完了すると【有効化】と表示されるので、
【有効化】をクリックします。
All-in-One-WP-Migrationを有効化する
 

以上で、「All-in-One WP Migration」のインストールが完了です。
 

2.【移行元】WordPressサイトデータをPC内にダウンロード

次に、先程有効化した「All-in-One WP Migration」を使って、
WordPressサイトデータをPC内にダウンロードしていきます。
 

「All-in-One WP Migration」→「Export」をクリックします。
All-in-One-WP-Migration-EXPORT
 

【EXPORT TO】→【FILE】をクリックします。
All-in-One-WP-Migration-EXPORT-TO-FILE
 

無料版では512MBの制限がありますので、
画像ファイルが多い場合は制限を超えてしまう場合があります。

※ダウンロードは制限がありませんが、
 後程アップロードする時に512MBの制限があります。
 

その場合は以下のように
「Do not export media library(files)」にチェックを付けてからおこないましょう。
advanced-options

画像はFFFTPなどを使用して移動させれば問題ありません。

 
 

【EXPORT TO】→【FILE】をクリックすると、
以下のように表示されるので、しばらく待ちます。
WordPressサイトデータをエクスポート
 

以下のように【DOWNLOAD (ドメイン名)】と表示されたら、
【DOWNLOAD (ドメイン名)】を左クリック(もしくは右クリック)して、
WordPressサイトデータをPC内にダウンロードします。
WordPressサイトデータをダウンロード
 

ダウンロードが完了したら、
【CLOSE】をクリックして閉じます。
WordPressサイトデータをダウンロードしたらCLOSE
 

以上で、移行元での作業は完了です。
 

3.【移行先】サーバーにドメイン追加

次に、移行先のサーバーにドメインを追加します。
 

この作業に関しては、
各サーバーのドメイン追加方法を参照ください。
 

移行先のサーバーがXSERVERであれば、
以下の記事内の「エックスサーバー側の独自ドメイン連結方法」を参照ください。

関連記事 ▶ 独自ドメインの設定方法
 

4.【移行先】追加したドメインにWordPressをインストール

次に、追加したドメインにWordPressをインストールします。
 

この作業に関しては、
各サーバーのWordPressをインストール方法を参照ください。
 

移行先のサーバーがXSERVERであれば、
以下の記事内の「WordPressインストール方法」を参照ください。

関連記事 ▶ WordPressのインストール方法
 

WordPressにログインするためのIDやパスワード情報が
移行元と移行先で異なる可能性がありますので、
「ログインできない!」とならないようにメモしておきましょう。

 

5. PC内のhostsファイルを編集して保存

次は、PC内のhostsファイルの編集です。
 

この作業の目的は、別々のサーバーに同じドメインが存在する場合に、
どのサーバーのサイトデータにアクセスするのか指定するためにおこないます。
 

通常は、
ネームサーバーで指定したサーバーのサイトデータにアクセスします。

しかし、ネームサーバーで指定していないサイトで作業したいため、
強制的にサーバーを指定してアクセスします。(以下イメージ図)

hostsファイルを編集しサーバーを指定
 

そうすれば、ネームサーバーがいつ変わったとしても
どちらも同じ状態のサイトを準備しておくことができ、
一時的にアクセスが減ってしまうということを防ぐことができます。
 

windows10の場合は、以下にhostsファイルがあります。
C:\Windows\System32\drivers\etc
 

hostsファイルをメモ帳などで開き、
以下のように「サーバーのIPアドレス」と「ドメイン」を追記し、上書き保存します。
hostsファイルを編集

(↑この画像の下2行分追記しています)

※hostsファイルを編集する際に「管理者の権限が必要です」
 といったメッセージが出るかもしれませんが、気にせず続行してください。
 

詳細は以下のXSERVERのホームページを参照。
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_checkproxy.php#hosts
 

6.【移行先】WordPressに「All-in-One WP Migration」をインストール

hostsファイルを編集したら以下のURLにアクセスし、
まず「All-in-One WP Migration」をインストールします。

http://【ドメイン名】/wp-admin/plugin-install.php?tab=search&s=All-in-One+WP+Migration
 

「All-in-One WP Migration」を検索して、
【今すぐインストール】をクリックします。
All-in-One-WP-Migrationをインストール
 

インストールが完了すると【有効化】と表示されるので、
【有効化】をクリックします。
All-in-One-WP-Migrationを有効化する
 

7.【移行先】「All-in-One WP Migration」を使って、元データをインポート

「All-in-One WP Migration」を有効化すると、
左メニューに「All-in-One WP Migration」が表示されますので、
「All-in-One WP Migration」→「Import」をクリックします。
all-in-one-wp-migration-import
 

IMPORT SITEの画面が開いたら、
【IMPORT FROM】→【FILE】をクリックします。
import-from-file
 

「2.【移行元】WordPressサイトデータをPC内にダウンロード」
でダウンロードしたデータを選択します。
ファイルを選択して開く
 

すると、以下のように表示されますので待ちます。
stop-import
 

「Preparing to import…」
と表示されますので待ちます。
preparing-to-import
 

「Done resolving URL address…」
と表示されますので待ちます。
done-resolving-url-address
 

以下のように表示されたら
【CONTINUE】をクリックします。
continue
 

「Done preparing blogs…」
と表示されますので待ちます。
done-preparing-blogs
 

「Restoring database…」
と表示されますので待ちます。
restoring-database
 

「Your data has been imported successfuly!」
と表示されたら、【CLOSE】をクリックします。
your-data-has-been-imported-successfuly

※successfulyって何か違和感を感じます…
 

これで、WordPressのサイトデータの移行が完了です。
 

左のメニューなどをクリックすると
ログイン画面が出てきますので、ログインし直します。

※ログイン情報は移行元と同じID、パスワードに変更されています。
 

ログインしたら、新規に記事作成をし、
タイトルに「新サーバー」と書いて下書き保存しておきましょう。
 

このようにしておくことによって、
移行元、移行先どちらのサーバーのWordPressに
アクセスしているのかをすぐに確認できます。
 

ブックマークしておくとさらに容易に確認できます。

※ネームサーバーの変更が反映されていない状態では、以下のように
「編集しようとした項目はありません。削除されたのかもしれません。」
と表示されます。
編集しようとした項目は削除されたのかもしれません
 

※以下のようにサイトでサーバーを確認することも可能です。
▶ https://www.aguse.jp/
 

8. PC内のhostsファイルを元に戻す

hostsファイルに追記した
「サーバーのIPアドレス」と「ドメイン名」を削除しておきましょう。
 

以下の画像だと下2行の部分。
hostsファイルを編集
 

hostsファイルをもとに戻しておくことで、
以下の画像の「一般ユーザー」と同じサイトへアクセスします。
(ネームサーバーで指定中のサーバー)
hostsファイルを編集しサーバーを指定
 

9. ネームサーバーを変更

最後に、ネームサーバーを変更します。
 

この作業に関しては、
各サーバーのネームサーバーの設定方法を参照ください。
 

お名前.comの場合は、以下の記事内の
お名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバーへ連結」を参照ください。

関連記事 ▶ 独自ドメインの設定方法
 

ネームサーバーの変更が反映されるのは1日ほど時間がかかったりしますので、
下書き保存しておいたURLにアクセスして、反映されたかどうか確認します。
 

以上、WordPressのサーバー移行手順を紹介しました。

 

プラグイン「All-in-One WP Migration」を使うことによって、
簡単で効率的にサーバーを移行することができます。
 

WordPressのサーバー移行の参考にしてみてください。

※移行元のサイトデータが不要な場合は、
「サーバー移行後に削除する」ことを忘れないように。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA