トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方!初心者が稼ぐコツ

今回は
トレンドアフィリエイト実践者のために
ブログ記事の書き方を紹介します。
 

初心者の方がやりがちな書き方を例に、
稼ぐ記事とはどのような記事なのか、
その書き方のコツを紹介していきます。
 

基本的に
コンサル生や外注さんが書いた記事を
添削する際によく指摘する内容です。
 

見出しタグにキーワードを含める

見出しタグには必ずキーワードを含めるようにします。
 

Googleの検索結果には、記事のタイトルでなく、
見出しタグのテキストを表示する場合もあります。
 

見出しタグもタイトルと同様に
キーワードを含めるようにしましょう。
 

また、見出しタグはキーワードを含める場合のみ使い、
「まとめ」等といったように重要なキーワードではない場合は
見出しタグを使わないようにしましょう。
 

タイトルのキーワードを本文にそのまま使う

タイトルで使っているキーワードは
本文でもできる限り使うようにします。
 

時々、タイトルのキーワードを
本文では言い換えている方がいますが、

読者にも検索エンジンにもわかりにくくなってしまうので、
言葉は言い換えずに同じ言葉を使って説明するようにしましょう。
 

省略もできるだけしないようにします。

連続で使いすぎてて違和感を感じる場合は
自然な表現になるように工夫するようにしてください。
 

読者が求めている情報を先に書く

読者が求めている情報を
先に書く(記事の上の方)に書くようにします。
 

狙いのキーワードとは関係のない文章は
本来あってもなくても良い内容なので
そのような部分は記事の下の方に配置します。
 

導入部分(冒頭)で自然な流れを

導入部分とは、冒頭などとも呼び、
記事の書き出しから第一見出までの部分を言います。
 

書き出しから突然「◯◯を紹介します」と書いてあると、
読者は「なぜ?」といったような疑問を持ってしまうので、
さらっと簡単で良いので記事を書く理由を説明しておきましょう。
 

そして重要なのは、

タイトルに使ったキーワードなど
狙っているキーワードを全て
冒頭に入れるように意識してください。
 

他のサイトの引用はしない

できる限り他サイトの文書を引用をしないようにします。
難しい言葉を使っている文章をそのまま引用するのは厳禁です。
 

あなた自身の言葉で説明することによって
記事にオリジナリティが生まれ、価値ある記事になります。
 

外部リンクは貼らない

外部リンクはできるだけ貼らないようにします。
 

できる限り1つの記事内で説明して、
読者が別サイトをわざわざ見るという
手間を省くようにしましょう。
 

言葉は略さない

基本的に言葉は略さないようにします。
あまりにくどい場合はしょうがないですが。
 

コンサル生や外注さんの記事を見ていると、
主語が略されていることが頻繁にあります。
 

「今まで説明していたから分かるだろう」
と筆者が思い込んでいることがあります。
 

読者は真剣に読んでいる訳ではありません。
 

さらっと流し読み程度の読者が多いので、
どこから読んでも分かるような文章を意識しましょう。
 

一文を短くする

文章が長くなり過ぎると読んでいて疲れます。
一文は短くするように意識しましょう。
 

「、」は文中に2個までに。
 

ただし、短い文章が多すぎると
幼稚に見えるのでバランスが大切です。
 

同じ語尾を繰り返さない

これは外注ライターさんに多いのですが、
同じ語尾が続いていることがあります。
 

幼稚な文章に見えてしまうので、
語尾は同じものが続かないように工夫しましょう。
 

以上、今回は
トレンドアフィリエイトの
ブログ記事の書き方を紹介しました。
 

初心者の方がやりがちなことですので、
あなた自身は大丈夫なのか今一度確認してみてください。
 

これらを意識することによって
初心者でも稼ぐ記事を書けるようになります。
 

コツをつかむまでは苦労しますが、
つかんでしまえば自然と書けます。
 

近くに実績者がいるのであれば
必ず実績者の方に添削してもらいましょう。
それが一番の近道ですので。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA