自己投資意識の低い人のクレクレ行為や値切りや後払いへの対応

ビジネスで成長していくためには
自己投資が必要です。
 

しかし、サラリーマンは
自己投資意識が低い人が多いです。

私も御多分に洩れず、
自己投資意識が低い人間でした。
 

自己投資意識が低いのは
普段、会社生活をおくる上で、
投資は全て会社が負担している
ということが原因だと思われます。
 

例えば、従業員の雇用や
設備などの導入も当然会社負担です。
 

もし、
それが給料から支払われる
のだったらどうでしょうか?
 

ただし、その場合は当然
雇用した従業員や導入した設備により
増収したのであればなんらかの形で
あなたに入るとします。
 

このような場合、
会社が負担しようが
自分の給料から引かれようが
判断は変わらないはずです。
 

しかし、多くの場合
会社のお金を使って
従業員の雇用や設備の導入をする場合は
躊躇なく進められるのに、

自分の給料から引かれる場合は
躊躇してしまう人がほとんどです。
 

生産性が上がった場合は、
負担した以上に給料が増えるにも関わらず。
 

と、話を元に戻します。
 

ビジネススキルを磨いたり、
特定の分野で結果を出すためには
自己投資の効率性は圧倒的です。
 

一人で取り組むよりも
自己投資してコンサルを受けたり
ツールを使ったりする方が

結果的に収入が増えたり、
短期間で成功する可能性が高くなります。
 

この記事を見ているあなたは
自己投資意識が高いとは思いますが、

もし、
あなたの前に自己投資意識の低い人が
現れた時はどんな対応をすれば良いでしょうか?
 

この記事では
自己投資意識の低い人への対応
を紹介します。
 

あなたにとっても相手にとっても、
双方にとって良い選択になりますので
しっかりと理解しておいてください。

企画やサービスを値切りされた時

企画やサービスを販売すると
決まって誰かが値切り交渉を始めます。

その時のあなたの対応としては
決して値切りはしてはいけません。
 

例え、何か相手に事情があり、
「その状況をなんとかしてあげたい」
と思っても

それは別の方法ですべきであって
値切りをしてはいけません。
 

正規の金額で購入された方に
必ずバレてしまいます。

そうすると、
正規の金額で購入された方は
あなたから離れていってしまいます。
 

そして、
値切り交渉をした相手も
あなたから離れていきます。
 

値切りをしても良いことはないので
絶対にしないようにしましょう。
 

値切り交渉をされた時の対応としては

「正規の金額で購入された方が
 馬鹿を見ないように値切りは
 一切しません。

 別の募集の際に資金に余裕ができたら
 購入を検討して頂けたら幸いです。」

とはっきり断りましょう。
 

そして、
値切ってしまった場合の
状況も紹介しておきましょう。

値切りに成功した相手は

「値切るんだったら
 もっと早く値引きしとけよ」

と内心逆ギレしています。

このように値切りに良いことはありません。
 

逆に、
何回もリピートしてくれる方は
こちらから値引きを提案してあげましょう。

それはありです。

料金の後払いを相談された時の対応

次に、「後払いにしてほしい」
と交渉してくる相手への対応です。
 

例えば、
自己投資意識の低い人にありがちなのが

「稼げるようになったらお金を支払います」

という内容です。
 

このようなことを言う人は
自己投資意識が低く、
ほぼ100%の確率で継続できません。
 

そして、先程の値切りと同様に
必ず他の参加者が知ることになります。

なので、
すべて断るという対応をしてください。

友人・知人に無料でサービスを提供しない

もしかしたら、
あなたは無料で友人・知人などへ
コンサルをしているかもしれません。
 

しかし、無料でコンサルをすると
相手も自分自身も必ず妥協が生じます。

そして、
相手は無料だと本気になれません。
 

同じ価値のサービスを提供したとしても
金額が違うと相手が感じる価値は変わります。
無料は無料の価値しかないのです。
(価値を認めていないことになります)
 

そして、
無料でコンサルするとほとんどの場合、

相手はより自己投資意識が低くなり
主体性のない赤ちゃんマインド
なってしまいます。

いわゆるクレクレ君です。
無料でもらうのが当たり前の意識です。

このようになってしまうと
いざ有料になると逆ギレします。
 

なので、身内であろうと
無料でコンサルするのはやめましょう。
 

無料のコンサルで結果を出させることは
最高難易度のチャレンジです。

多くの場合、失敗します。
 

本当にその人に稼げるように
なってもらいたいのであれば
それ相応の金額を提示しましょう。

もしくは、信頼のおける
他のコンサルタントのサービスを
紹介してあげましょう。
 

逆に、自分が教えてもらう立場で、
いろいろと教えてくれている方が
お金を要求しないような方の場合は

「お金を支払わせてください」

というような一言は重要です。
 
 

以上、今回は
自己投資意識の低い人への対応
を紹介しました。
 

相手のためにも
あなた自身のためにもならないことはせず、
しっかりと軸を持って対応していきましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA