検索方法の種類まとめ!除外や完全一致・ホームページ内検索も!

普段何気なく使っている
検索エンジン(GoogleやYahooなど)ですが、

意外と知らないのが、
検索のコツと言っても良い
検索方法の種類の多さです。
 

「検索結果が多過ぎて、
 自分のほしい情報を見つけるまで
 時間がかかってしまう」
ということはありませんか?

そのような場合に
「除外」「完全一致」「サイト内検索」
などの検索方法を使うと効率的です。
 

今回は便利な検索方法を
6種類まとめて紹介します。

検索方法によって異なる
記号の使い方も覚えてください。

検索方法:アンド検索

例「A B」

これは一番良く使われている
検索方法だと思います。

キーワードとキーワードの間に
スペースを入れて検索
する方法です。

この場合は、
AとBどちらも入ってるサイトが
検索結果の上位になる確率が高いです。

ただし、
必ずA、Bどちらも検索結果に
含まれる訳ではありません。

例えば、
Aの情報が載っているページが
圧倒的に多くの方に見られている場合は、

「A B」と検索しても
Aのみの情報しかないサイトが
出てきたりもします。

検索方法:OR検索

例「A OR B」

この方法は
「Aを検索したい」「Bでも検索したい」
という時に一度で検索
できる方法です。

Aのみの検索とBのみの検索を
合体させた検索結果になります。

検索したいキーワードの間に
スペースと大文字のORを入力します。

小文字のorでは機能しませんので
注意してください。
 

例えば、
A=稲本潤一、B=稲垣潤一として
Googleで検索してみます。

ex.「稲本潤一」検索結果
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 稲本潤一
 

ex.「稲垣潤一」検索結果
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 稲垣潤一
 

ex.「稲本潤一 OR 稲本潤一」検索結果
(ORは大文字)
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 大文字 OR検索
 

ex.「稲本潤一 or 稲本潤一」検索結果
(orは小文字)
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 小文字 or検索
 

以上のように、
単独で検索した時よりも
OR検索の方が検索結果が多くなっており、
or検索の方が検索結果が少なくなっています。

検索方法:完全一致検索・フレーズ検索

途中にスペースが有る
キーワードや文章を検索
したい時は
「”」でキーワードを挟みます。

例えば、
「beautiful days」と検索すると
アンド検索となってしまうので、

「beautiful」と「days」が含まれている
ページが検索結果に表示され、
以下のように膨大な件数になってしまいます。
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 フレーズ検索1
 

その場合は、
「”beautiful days”」と検索すると、
「beautiful days」という1つのキーワード
(完全一致)として検索され、以下のように
検索結果の件数が先程よりも減ります。
(まだ多いですが。。。)
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 フレーズ検索
 

この完全一致検索(フレーズ検索)は、
音楽のタイトルなどフレーズで検索する
ような場合に便利な検索方法です。

検索方法:除外検索・特定のキーワードを除いた検索

例「A -B」

AとBの間にスペースと
「-(半角マイナス)」を入力して検索します。

「Aで検索した場合の検索結果」から
「Bで検索した場合の検索結果」が除外

されます。

例えば、同姓同名の
「山本博」さんを検索してみましょう。

山本博さんと言えば、有名なのが
「お笑いグループ・ロバートの山本博さん」
と「アーチェリーの山本博さん」が有名です。
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 除外検索 山本博
 

アーチェリーの
山本博さんの情報がほしい時は
「山本博 -ロバート」と検索すると、

「ロバート」というキーワードが入っている
ページを除外して、検索結果が表示されます。

まず、「山本博」と検索した結果です。
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 除外検索 山本博2
 

次に、
「山本博 -ロバート」と検索した結果です。
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 除外検索 山本博3
 

検索件数が少なくなっており、
「ロバート」を除外したことにより
検索結果が絞られたことがわかります。

除外検索は、不要なページを除外し
検索結果を絞りこむ時に便利な検索です。

検索方法:ワイルドカード検索

検索したいキーワードの一部がわからない時
に使用します。

わからない部分には「*」を入力します。

例えば、
稲本潤一さんの潤の字がわからない場合、
「稲本*一」と入力すると検索することができます。
検索方法 種類 まとめ 除外 完全一致 ホームページ内検索 除外検索 ワイルドカード検索

検索方法:サイト内検索・ホームページ内検索

特定のサイト内でキーワードを検索したい時
に使用します。

「site:」の後に
「調べたいサイトのURL」を入力し、
その後に「スペース」を入れ
「キーワード」を入力します。

※キーワードの入力位置は
 「site」の前でも可能です。

例えば、このサイト内で
「SEO」というキーワードを探したい時は
「site:http://affikatsu.com SEO」と検索します。

サイト内で探したい記事や
キーワードがある時に便利です。
ライバルサイトの調査にも使えます。
 
 
以上、便利な検索方法6種類を紹介しました。

  • アンド検索
  • OR検索
  • 完全一致検索・フレーズ検索
  • 除外検索・特定のキーワードを除いた検索
  • ワイルドカード検索
  • サイト内検索・ホームページ内検索

 

今回紹介しなかった方法もまだあります。

普段はアンド検索が多いと思いますが、
用途に合わせて検索方法を使い分けれると
作業効率が上がります。

慣れれば当たり前に使い分けられるように
なりますので、初めは意識して使ってみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA