検索キーワード(関連キーワード)を分析調査してトレンド予測

※動画はパスワードで保護されています。



100~150記事ほど書いたら
どのようなキーワードでアクセスが
集まっているのか確認してみてください。

 

そのアクセスデータを分析することにより
どのような検索キーワード(=関連キーワード)
に需要があるのか実感することができます。
 

そして、
アクセスを集めるキーワードは
ジャンルなどでだいたい決まっている

ということに気づくと思います。

関連キーワードはジャンルで決まる

何個もタイトルを作成していて、
「メインキーワードは違うけど、ほとんど同じじゃん!」
という経験はありませんでしたか?
 

多くの人が経験していると思います。
 

そして、
実際にアクセスデータを分析してみると
似たような関連キーワードでアクセスが
集まっていることが多いです。
 

人物などのメインキーワードが変わるだけで、
関連キーワードはだいたいジャンルで決まってきます。
 

例えば、
ジャニーズだったら「◯◯」というキーワードが多いだとか、
AKBだと「△△」というキーワードが多いだとか。
 

ただし、サイトによって、
アクセスを集めるキーワードは変わるため、
必ずアクセス分析をしてください。
 

この関連キーワードが決まってくる
ということを利用することによって、
アクセスを独占して集めることが可能になります。

その方法を次に説明します。

関連キーワードが決まってくるという例

まず、関連キーワードが
決まってくるという例として

ジャニーズグループKis-My-Ft2の
玉森裕太さんと藤ヶ谷太輔さん
関連キーワードを確認してみます。
 

2人に共通する関連キーワード
の一部を以下に並べました。
ジャニーズKis-My-Ft2の玉森裕太さんと藤ヶ谷太輔さんの共通の関連キーワード
 
↑これでも本当にごく一部で、
まだまだありましたが、キリがなく
途中で諦めました。。。m(__)m
 

このようなキーワードが
2人に共通する関連キーワードです。

そして、
この2人以外のKis-My-Ft2メンバーにも
同様のキーワードが使えることが多いです。

分析調査からトレンド予測

ジャニーズを例に出しましたが、

関連キーワードを調べると
共通するキーワードが見つかります。
 

そのような共通の関連キーワードは
まだ検索され始めていないメインキーワードに対しても
同様に検索されるようになる可能性があります。
 

つまり、ライバル不在の新人に対しても
アクセスを集める記事作成が可能になるということです。
 

若手が出てきたばかりの時は
まだ検索数が少ないため、
関連キーワードが多くありません。
 

しかし、
そのジャンルで多く関連キーワードになっているキーワードは
その若手でも将来的に関連キーワードになる可能性が高いです。
 

そのジャンルの共通するキーワードを把握できていれば、
ライバルよりも早く記事を作成することが可能になります。
 

ライバルがいない時期から
記事を作成することができるので
当然アクセスを集めることができます。
 

以上のような考え方を身に付ければ、
未来予測が可能となるという訳です。
 

この考え方を効果的に使える
おすすめのジャンルは以下です。

ドラマ、アイドルグループ、歌手、
スポーツ選手、お菓子、電化製品
などなど。

新しい人や商品やモノが
次々に出てくるジャンルです。

逆に
共通キーワードの使用が向いていないのは、
新しい人や商品やモノが出てこないジャンルです。

季節の行事や昔からある悩みなど。

共通キーワードがまったく
使えないわけではないですが、

共通キーワードの威力が発揮されるのは
まだ関連キーワードがないメインキーワード

対してですので。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA