WordPress画像挿入方法!サイズ変更やリンクタグの使い方は?

※動画はパスワードで保護されています。



WordPressサイトの記事に
画像を挿入する方法を紹介します。

また、
画像サイズを変更するhtmlコードや

画像をクリックするとリンク先を開くようにするhtmlコード、
リンクタグの使い方を紹介します。

WordPressの画像挿入方法

今回は以下の画像を例にして、
WordPressの記事に画像を挿入する方法を紹介します。

だいたいテキスト
※画像に特に意味はありません
 

ダッシュボードの「投稿」
→「新規追加」で記事の作成を行います。

画像を挿入したい位置にカーソルを合わせ、
【メディアを追加】をクリックします。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 メディアを追加
 

「メディアを挿入」画面が開きますので、
【ファイルをアップロード】タブをクリックします。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 ファイルをアップロード
 

【ファイルを選択】をクリック。

※下の画像に記載してあるように、
 画像ファイルをドラッグ&ドロップする
 ことによってもアップロードできます。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 ファイルを選択
 

挿入したい画像を選択し、【開く】をクリック。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 開く
 

画像がサーバーへアップロードされ、
メディアライブラリに画像が表示されます。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 メディアライブラリ
 

メディアライブラリで以下のように
検索窓にキーワードを入力すると、

タイトルにキーワードが
入っている画像が抽出されます。

※過去の画像を検索する場合に便利です。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 検索
 

挿入したい画像を選択し、
画面右の「添付ファイルの詳細」を確認します。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 添付ファイルの詳細
 

タイトル:画像のtitle属性。
ファイル名の拡張子の前の文字が自動的に入力されます。

使用するのは画像検索時くらいです。
 

キャプション:画像の説明文(HTMLに表現される)。
使用しません。
 

代替テキスト:画像のalt属性。
検索エンジンに何の画像を表示しているのか伝える役割があります。

入力する文字は
「記事のメインキーワード」と「メインキーワードの関連キーワード」
を使って画像を表現します。

そうするとSEO効果も期待できます。
 

説明:画像の説明文(HTMLに表現されない)。
使用しません。
 

次に「添付ファイルの表示設定」です。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 添付ファイルの表示設定
 

配置
「左」「中央」「右」「なし」
の4つの選択肢があります。

 :画像を左に配置し、文字は画像の右側に回り込む。
中央:画像を中央に配置し、文字の回り込みはなし。
 :画像を右に配置し、文字は画像の左側に回り込む。
なし:画像を左に配置し、文字の回り込みはなし。
 

リンク先
「メディアファイル」
「添付ファイルのページ」
「カスタムURL」
「なし」の4つの選択肢があります。

メディアファイル:画像ファイルを開きます
添付ファイルのページ:添付ファイルのみの記事ページを開きます。
カスタムURL:画像をクリックした時にどのURLを開くか指定できます。
なし:画像をクリック出来ない状態にします。

画像挿入時は基本的に「なし」にします。

画像をクリックできるようにすると、
広告のクリック率が下がってしまうからです。
 

サイズ:添付画像のサイズを選択できます。

以上の設定が終わったら、
【投稿に挿入】をクリックします。

すると、以下のように
画像挿入タグが入力されます。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 画像挿入
 

実際の記事でどのように表示されるか確認するために
【プレビュー】をクリックします。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 プレビュー
 

以下のように表示されます。
WordPress画像挿入方法 サイズ変更 リンク タグ 使い方 表示状態
 

以上が、
WordPressサイトの記事に
画像を挿入する基本的な方法です。

WordPressの画像サイズ変更方法とリンクタグなどの使い方

基本的な画像挿入方法は上で紹介しましたが、

ここからはWordPressに限らず、
どのサイトでも使えるHTMLを使った画像挿入方法を紹介します。

もちろんWordPressサイトでも使える方法です。
HTMLのお勉強ということで確認しておいてください。
 

画像を挿入するHTMLタグは

です。

「画像URL」は上の説明で出てきた
「添付ファイルの詳細」画面で確認することができます。

画像サイズの変更方法

では、サイズ変更方法を紹介します。

WordPressでは画像をアップロードした際、
サイズが異なる画像が自動的に生成されます。

そのおかげでサイズを
「サムネイル」「中」「大」「フルサイズ」
など選択できるようになっています。
 

サイズが異なる画像ができている証拠として、

例えば、
サイズ「中」の画像を挿入した時は
「画像URL」が「・・・-300×300.jpg」などになっているはずです。

また、別の方法として
HTMLタグでサイズを以下のように指定することができます。

これで、画像ファイルのサイズを
自由に指定することができます。

※ただし、元画像のサイズが大きいものを
 表示上小さくする場合はデータ容量は大きいままになります。

画像リンクの指定方法

次に画像をクリックした時に
どのようなアクションを起こすのかを指定するHTMLタグを紹介します。

画像を拡大したページを開きたい場合は
「URL」に「画像URL」を入力します。

これが先程上で説明した
「リンク先」を「メディアファイル」
に設定した状態です。
 

指定のページを開くようにしたい場合は
「URL」に「そのページのURL」を入力します。

これが先程上で説明した
「リンク先」を「カスタムURL」に設定した状態です。

リンクの貼り方に関しては
以下の記事で詳細を説明していますので参考にしてください

リンクの貼り方!HTMLタグやアンカー?新しいタブ(別ウィンドウ)で開きたい!
 

以上、
WordPressでの画像挿入方法と
画像挿入に関するHTMLタグに関して紹介しました。

HTMLタグに関してはインターネットで検索すれば、
詳しい説明が書かれているサイトがたくさんありますので非常に便利です。

初心者の方は少しずつ
HTMLタグの使い方に慣れていってください。


~~~ WordPress画像挿入の関連記事:以下の記事も確認することをおすすめします ~~~

複数画像を一括で圧縮するサイト

画像挿入時の「リンク先」を「なし」にデフォルト設定する方法
WordPress メディアを追加 画像挿入 リンク先をなし デフォルト設定 メディアファイル

WordPress画像貼り付け時に自動挿入されるclass・width・heighの削除方法!


最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA