メインキーワードの別名でSEO対策!アクセス数を増やす小技

※動画はパスワードで保護されています。



今回は、
メインキーワードの別名を使用することで
アクセスを倍増する方法を紹介します。
 

まず、
タイトル作成の基本を復習しますが、
1つのタイトルに付き
1つのメインキーワード
を使います。

これは
記事のタイトルや内容が曖昧にならず
質の高い有益な情報を書くためです。
 

メインキーワードが2つあると
記事で何が言いたいのか
わかりにくくなったり、
非常に長い記事になりがちです。

結果的に検索エンジンからの
評価も低くなってしまいます。
 

したがって、
読者にアピールする意味でも
検索エンジンのSEO対策としても
1つのタイトルに1つのメインキーワード

これが基本です。
 

しかし、この原則には例外があり、
メインキーワードを2つ使っても良い
場合があります。

メインキーワード1つだった時と比較し
大きくアクセスを伸ばすことが可能に
なりますので、活用していきましょう!

メインキーワードの別名でアクセス倍増

メインキーワードを2つ使用する
タイトル作成の例を5つ紹介します。

例1.
メインキーワード1つ:
『バルセロナFCの・・・・』
メインキーワード2つ:
『バルセロナFC(バルサ)の・・・・』
※スペインサッカーチームの別名

 

例2.
メインキーワード1つ:
『又吉の・・・・』
メインキーワード2つ:
『又吉と綾部の・・・・』
※お笑いコンビの相方

 

例3.
メインキーワード1つ:
『三浦知良の・・・・』
メインキーワード2つ:
『三浦知良(キングカズ)の・・・・』
※アダ名、愛称

 

例4.
メインキーワード1つ:
『一青窈の・・・・』
メインキーワード2つ:
『一青窈(ひととよう)の・・・・』
※名前(や漢字)の読み方

 

例5.
メインキーワード1つ:
『櫻井翔の・・・・』
メインキーワード2つ:
『櫻井翔(嵐)の・・・・』
※グループ名

 
いかがでしょうか?

なんとなく使い方が
理解できたのではないでしょうか?
 

実際に2つのメインキーワードを使って
タイトルを作成する際は、
以下のポイントを考慮してください。

・共通の関連キーワードがあること。
・タイトルとして不自然でないこと。

 
ここが抜けてしまうと
1つのメインキーワードで
タイトルを作成した方が
アクセスが集まる可能性が高くなります。

もし、そうなってしまったら
非常にもったいないので注意してください。

※すべての関連キーワードが
共通である必要はありません。

例えば、
「又吉」「綾部」の
共通の関連キーワード

以下のようなものがあります。

相方、アメトーク、イベント、インスタ、
映画、彼女、髪型、京都、結婚、高校、
好感度、身長、出身、声優、花火、
モテる、元相方、由来、レギュラー、
レギュラー番組、ローソン… 等々

 
以上、
メインキーワードを複数使う
タイトル作成に関して紹介しました。

今回紹介した方法と少し似た方法で
メインキーワードを複合キーワード
にする方法を別の記事で紹介しています。

こちらもしっかり理解し、
効率的にアクセスを集めていきましょう!

 

今回紹介した別名キーワードは
複合キーワードになる可能性もあります。

別名キーワードが
複合キーワードになっている場合は
活用するとかなり効率的にアクセスを
集めることが可能です!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA