gzipやdeflateを使用してリソースを圧縮する方法!読込速度高速化!

Google Devolopersの
PageSpeed Insightsで
読み込み速度を計測すると、
(→ PageSpeed Insights)

gzip や deflate を使用してリソースを圧縮することで、ネットワークで送信されるバイト数を減らすことができます。

 
といったメッセージが
「提案の概要」の
「修正が必要」箇所に
表示されます。(以下参照)
gzipやdeflateを使用してリソースを圧縮する方法 読込速度高速化 htaccess編集前
 

このようなメッセージが出た際の修正方法
「gzipやdeflateを使用して
 リソースを圧縮する方法」
を紹介します。

ページの読込速度高速化は
検索エンジンの評価の向上
にも少なからず影響しますので、

しっかりと対応することをおすすめします。

一度処置しておけば良いので
確実に処置しておきましょう。

gzipやdeflateを使用してリソースを圧縮する方法

再びメッセージを見てみましょう。

gzip や deflate を使用してリソースを圧縮することで、ネットワークで送信されるバイト数を減らすことができます。

 
リソースというのは、
html、css、xml、JavaScript
などのことです。

今回は
「deflate(デフレート)」
を使用してリソースを圧縮する
方法を紹介します。

「.htaccess」の編集を行います。

サーバーで「deflate」処置をして
高速化する方法です。

※サーバーによっては
この方法は使用できません。

おすすめサーバーは以下。
XSERVER(エックスサーバー)の申込方法

 

難しい言葉が並んでますが、
編集方法は非常に簡単ですので
安心してください。

まず、FFFTPを使って
「.htaccess」を取り出します。

FFFTPを使用したことがない方はこちらを参考にしてください。
FFFTPの設定や使い方

 

以下の場所に「.htaccess」がありますので、
ドラッグ&ドロップで
デスクトップなどに保存します。
(サーバー内の場所は以下参照)
gzipやdeflateを使用してリソースを圧縮する方法 読込速度高速化 FFFTP htaccess ダウンロード
※バックアップをとっておきましょう。

デスクトップに保存した「.htaccess」を
MKEditorなどで開きます。

<IfModule mod_expires.c>

</ifModule>
の間に
以下のコードを追記してください。

deflateを使って
リソースを圧縮するコードです。

コードを追記したら上書き保存。

保存した「.htaccess」を
再びFFFTPを使用して
サーバーにアップロードします。
(ドラッグ&ドロップ)
gzipやdeflateを使用してリソースを圧縮する方法 読込速度高速化 FFFTP htaccess アップロード
 

以上で、設定は終了です。

効果を確認してみると

読み込み速度が
以下のように改善されました。
設定前:70/100 → 設定後:85/100
gzipやdeflateを使用してリソースを圧縮する方法 読込速度高速化 htaccess編集後
 

非常に簡単な方法で
読み込み速度の改善が可能ですので、
ぜひ設定してみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA