競合サイト調査と分析!アクセス数を増やす関連キーワードとは

※動画はパスワードで保護されています。



効率よくアクセス数を増やすためには

需要が多く、供給が少ない
ネタに関する記事を書くことです。
 

簡単に言うと、
「検索ボリュームが多いのに情報提供が少ない記事を書く」
ということです。
 

検索ボリュームはキーワードプランナーで調べることができますので、
需要に関しては明確に把握できます。

 

今回は
情報提供が少ない記事とはどういう記事なのか
に関して説明していきます。

競合サイト調査と分析方法

情報提供が少ない = 競合記事(競合サイト)が少ない

 

競合記事とは、
狙っているキーワードで検索した時に
検索結果に表示される記事のことです。

ですので、競合サイトの調査方法は単純で
「狙っているキーワードで実際に検索してみる」
です。
 

検索結果を見れば
「そのキーワードで検索結果上位に表示できる可能性はあるか」
ある程度判断できます。
 

アクセスを集められるキーワードか
どうかの判断基準以下の2つ。

・検索結果上位の記事のタイトルに
 キーワードが含まれていない。

・大手サイト、Youtube、公式サイト
 以外が上位に表示されている。
 (トレンドサイト、Yahoo!知恵袋など)

 

例えば、
メインキーワードを「トーマス」とした時、
どの関連キーワードをタイトルに使用するか考えます。

トーマスの関連キーワードには
「大井川」というキーワードがあります。

そこで「トーマス 大井川」と
検索してみましょう。

すると、以下のように大井川鐵道の
ホームページが上位に表示されます。
競合サイト 調査 分析 アクセス数 増やす 関連キーワードとは トーマス
 

このように検索結果上位に
会社や公式サイトがある場合は、
自分の記事を上位に表示させることは難しい

と考えられます。
 

ただし、この例ではタイトルに
キーワードが含まれていない記事が
2位になっているので、

サイトのパワーがある程度強ければ
上位表示も狙える可能性はあります。
 

この場合のように
公式ページなどが上位に表示されている
場合は、そのキーワードは使わないか、

あるいは
複合キーワードがあるかどうか確認します。

複合キーワードに関しては
以下の記事を参考にしてください。
複合キーワードとは?作成方法と検索ツールでSEO対策!

 
複合キーワードがあった場合も
同様に検索結果を確認して、
検索結果上位が狙えるかどうかを判断します。
 

情報提供が少ない記事、
つまり競合が少ない記事を書いて
効率よくアクセスを増やすために、

競合サイトの調査と分析を
活用していきましょう。

競合サイト調査方法
実際にキーワードを入力して検索する。

競合サイト分析方法
検索結果に表示された記事は、
タイトルにキーワードがすべて
含まれているか、公式ページなど
大手サイトの記事かどうか。

 

無料ブログが検索上位に
表示されているキーワードは狙い目です。

アクセス数を増やす関連キーワードとは?

検索者が何を知りたいのか
考えることを忘れないでください。

検索者は
・事実を知りたいのか?
・噂や口コミを知りたいのか?
・特定のサイトにアクセスしたいのか?
 (有名人のブログなど)

 

検索ボリュームが多いからといった
単純な理由でタイトルを作成してしまうと、
全くアクセスが集まらないという事態に
陥ってしまいます。
 

例えば、メインキーワードが有名人だった場合、

関連キーワードにブログがあるからといって
ブログというキーワードを使ってタイトルを作成しても、
アクセスが集まる可能性は低いということです。
 

「有名人の名前 ブログ」
と検索する人は

その有名人のブログ(特定のサイト)
を探している可能性が高いため、
他のサイトを見る可能性は低いです。
 

以上のように、
検索者は何を求めているのかということを考えて、
関連キーワードを選定するようにしましょう。

アクセス数を増やすための手法を
以下の記事でも紹介していますので
参考にしてください。
他サイトに人気記事ランキングが表示されていたら・・・

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA