ブラック企業ランキング2015!公表された大賞一覧や特徴・見分け方は?

『ブラック企業ランキング』
というタイトルですが、
この記事では企業名のランキングではなく、

「ブラック企業」というキーワードと
一緒に検索されたキーワードランキング2015

を紹介します。

2015年の1月~12月までの間に、
ブラック企業関連のキーワードは
何が多く検索されたのでしょうか?

ブラック企業 ランキング (2015年平均月検索数12,100件)

検索数第1位はやはり
「ブラック企業 ランキング」でした。

似たようなキーワードとしては、

8,100件:ブラック企業 大賞
4,400件:ブラック企業 大賞 2015
3,600件:ブラック企業 一覧
3,600件:ブラック企業 公表
1,300件:ブラック企業 ランキング 2015
1,000件:ブラック企業大賞 2014
1,000件:ブラック企業 リスト

など。
 

「ブラック企業はどこの会社なのか?」
「自分の知っている会社なのか?」

など気になりますよね。

以下は、
2015年に公表されたブラック企業大賞一覧です。

ブラック企業大賞: 株式会社セブンイレブンジャパン

WEB投票賞 : 株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)

ブラックバイト賞 : 株式会社明光ネットワークジャパン(明光義塾)

特別賞 : 暁産業株式会社

アリ得ないで賞 : 株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)

 

このブラック企業大賞には、
異を唱えている人も多いですが、

なかなかこのような賞を公表する
団体はありませんので貴重な存在です。
 

ただ、本当のブラック企業は
このようなところには登場しない会社です。
 

受賞されている会社は比較的大きな会社。

問題が起こったりすると
大きく取り上げられたり、

何か1つ問題が注目されることによって、
イメージが悪くなってしまっています。

大部分の社員はそこそこ
満足されているのではないでしょうか。
 

ブラック企業大賞に選ばれる会社や
ノミネートされるよな企業は、

名もないブラック企業と比較したら
圧倒的にホワイト企業です。

ブラック企業 特徴 (2015年平均月検索数5,400件)

次に多かったのは「ブラック企業 特徴」。

似たようなキーワードとしては、

3,600件:ブラック企業見分け方
1,900件:ブラック企業 定義
1,900件:ブラック企業 診断
1,300件:ブラック企業とは

など。
 

どのような条件に当てはまると
ブラック企業と定義されるのか、

もしかしたら

「自分の会社もブラック企業に分類されるんじゃないか?」

と検索した人もいるのかもしれません。
 

これから就職を考えている方は

「ブラック企業には入社しないように」

と調べていることでしょう。
 

一般的なブラック企業の特徴・見分け方は以下。

・社員の入れ替わりが頻繁。
 離職率が高い。常時社員募集中。
・サービス残業が当たり前。
 にも関わらず残業は多い。
・有給休暇が取れない。
・休日すらなかったりする。
・パワハラ・セクハラがある。
・職場の人間関係が悪い。

などなど、ほんの少し紹介しただけですが、
ブラック企業の特徴をあげればキリがないです。
 

ブラック企業とは
『社員を大切にしていない会社』
という表現では甘く、

『社員を奴隷のように扱っている会社』
と言って良いでしょう。

ブラック企業 偏差値 (2015年平均月検索数1,900件)

「ブラック企業 偏差値」というキーワードも
多く検索されていました。

初めてこのキーワードを見た時は、
「ブラック企業に入社する社員の偏差値かな?」
と思いましたが、違いました。

この偏差値は、
ブラック企業のブラック度を示す値です。

どのように偏差値を決めているのか
わかりませんでしたが、
2ちゃんねるが出どころのようですね。

多くの企業名が
偏差値ごとにまとめられています。

ブラック企業 体験談 (2015年平均月検索数1,000件)

「ブラック企業 体験談」
というキーワードで検索すると、

本当か嘘かわからないですが
様々な体験談が出てきます。

確かに実際の体験談は気になりますよね。

体験談を見ていると
かなりのブラックぶりですので、

多くの方が
「ここよりは(自分の会社は)マシかも」
と感じるのではないでしょうか?

あまりのブラックな内容に、
私は読むのも嫌になってしましました。

ブラック企業 2ch (2015年平均月検索数1,000件)

「ブラック企業 2ch」で検索すると
「ブラック企業名を暴露しよう!」
というスレの2ch掲示板が出てきます。

この中では自分が勤めていた会社名をあげ、
その労働環境が記載されています。

ただ、
この情報はどこまでが本当なのか…

ただ単に気に入らない会社、辞めた会社を
実際よりも悪く書いているような感じにも見えます。

2013年9月に立ち上げられたスレです。

ブラック企業 まとめ (2015年平均月検索数1,000件)

「◯◯ まとめ」は鉄板のキーワードです。

「ブラック企業 まとめ」で検索すると、
NAVERまとめの記事がヒットします。

「笑える?Twitterを爆笑させた
 ブラック企業ツイートベスト10」など、

ブラック企業のあるあるを
面白く紹介したツイートが
まとまっています。

※ちょっと作った感がありますが、
 そこはご愛嬌ですね^^
 

その他にも、
『ブラック企業ランキング』や
『ブラック企業の特徴や見分け方』など、

多くのユーザーが気になるだろう
内容がまとまっており
「さすがだなぁ」と感じました。
 

以上、
ここまで紹介したキーワードは
多くの方が気になる内容です。
 

この他には、
「ブラック企業 (地域名)」というような
仕事を探している方が検索しそうな
キーワードだったり、

「ブラック企業 対策」
「ブラック企業 相談」
など、実際に
過酷な労働環境に身を置いている方
が検索しそうなキーワードもありました。
 

体験談は本当に悲惨な
状況が書かれています。

超長時間労働の割に給料は少なく、
体力的にも精神的にもズタボロ状態。

もし、私の知人がそのような
状況で苦しんでいるのであれば、

すぐにでもその会社は辞めて、
ネットビジネスをすすめます。
 

インターネットを使ったビジネスは、
個人でも大きな報酬を得られること
ができる夢のあるビジネスです。

まだまだ怪しいイメージもありますが、
まじめに取り組まれている方もいますし、
私の周りにはそのような方が多いです。
 

ネットビジネスは専業、副業、
主婦、年齢など関係ありません。
様々な方が取り組んで成果をあげています。
 

まだネットビジネスに
取り組まれたことがないのであれば、
かなり損しています。
 

以下でブログをつかった稼ぎ方をまとめた
ガイドブックをプレゼントしています。

「ネットビジネスって何するの?」
という場合はガイドブックを見てみてください。

月収10万円くらいであれば高い確率で稼げます。
ガイドブックを手に入れる
 

※今回の検索数データは
 以下のツールを使用しています。

関連キーワード取得ツール
goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール
キーワード プランナー – Google AdWords

使い方は以下を参考にしてください。
キーワードの検索ボリューム確認方法

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめたガイドブックをプレゼント中!
(PDFとサイト版の両方をプレゼント)
AFFIKATSUGuideBook

>> メルマガ登録はこちら <<

無料メールマガジン登録フォーム

メルマガ登録フォーム

苗字 (漢字で)
メールアドレス

※私からお送りする全てのメールに解除リンクを付けていますので、いつでもメルマガ解除をすることが可能です。




コメントを残す



コメントはサイト管理者が確認するまで表示されません。
他の読者さんにも有益だと判断した場合のみコメント対応を致します。

個別の問い合わせは【こちら】からお願いします。

CAPTCHA